ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーナンキ議長がリセッションを認める旨の発言 
2008.04.03.Thu / 07:31 
<米株式市場>
バーナンキ議長がリセッション(景気後退)を認める旨の発言をし、またIMFが世界経済の成長率を下方修正したことから、米株式市場は総じて3日ぶりの反落となりました。NY原油や金の急反発より、シェブロン、ニューモントマイニングなど、石油、鉱山関連の上昇が目立ちました。S&P500 6月限は前日の急伸とは一転して、1370をはさんでまちまちに推移しました。NYダウは12,605.83ドル、マイナス48.53です。


<米為替市場>
ADP雇用統計が予想を上回り、更に前回分も上方修正されたことが好感されドル買いが先行し、ドル/円は102円後半まで堅調に推移しましたが、議会証言ではリセッションについて言及されたことや、NYダウがマイナスで推移したことを受け現在は102.35付近まで戻しています。ユーロ/ドルは一時的に下げるも、ドルの上昇が限定的との見方が多く、その後は反発上昇し現在は1.57目前まで迫っています。一方、ドルは底を打ったという意見もあるようです。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトバーナンキ議長がリセッションを認める旨の発言のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。