ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無担保コール翌日物の加重平均金利は0.128% 
2009.01.30.Fri / 22:00 
<国内株式市場>
日経平均 7994.05円(257.19円安)

      7922.39円─8142.88円 出来高 19億6583万株


 国内株式市場では日経平均が4日ぶりに反落です。前営業日比で250円を超す下落となり、8000円割れで大引けとなりました。3日続伸後の利益確定売りや週末のポジション手仕舞い売りが出ただけでなく、寄り前に発表された12月鉱工業生産が大幅に落ち込み、企業業績の予想以上の下方修正が相次いだことで、市場は弱気に傾きました。東証1部の売買代金は1兆3365億円です。


<外国為替市場>
ドル/円   ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後5時現在  89.50/55  1.2892/97  115.36/46

前日NY17時  90.01/05  1.2951/54  116.53/61


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から下落し、89円半ばで取引されています。米政府の不良資産買取機関(バッドバンク)をめぐる協議がコンセンサスを得られていない、などとする報道をきっかけに、バッドバンク構想をめぐる先行き不透明感が株安懸念を通じ、リスク回避の円買いにつながったという展開です。ドルは朝方の高値から1円下落しました。きょうは2008年第4四半期米国内総生産(GDP)の発表が予定されています。


<短期金融市場>            18時45分
 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.128%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ──  (出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.335(+0.015)

             安値─高値    99.325─99.340


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.128%(速報)となりました。月末を迎え午前は大手邦銀が0.12%で資金調達意欲を示し、全体的にレートは小じっかりと推移していましたが、0.08%付近での出合いも見られました。ターム物取引では、地銀勢の資金調達が目立ちました。来月4日の税揚げ日から13日の年金支払いにかけて資金が足りない向きが多く、1週間物で0.2%前半とやや高めの水準でしっかりと資金調達を行っています。レポ金利は高止まり。月末通過後も税揚げ日を意識し、レポGCレートは0.2%半ばから後半での推移を続けています。国債買い現先オペ、共通担保資金供給オペへの需要は強く、落札利回りは一段と上昇しました。ユーロ円金先は底堅い展開でした。国内景気の悪化を示す経済指標や下げが続いていた反動で小幅な買い戻しが入りましたが、出来高は非常に少なく、様子見となる参加者が多かったようです。日銀が年度末に向けた企業金融円滑化のために初めて実施したCP買い入れオペの結果、落札額は2185億円と買入予定額(3000億円)を下回りました。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト無担保コール翌日物の加重平均金利は0.128%のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。