ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信用収縮の懸念が再び台頭 
2008.05.21.Wed / 07:42 
<米株式市場>
NY原油が130ドルに迫り、信用収縮の懸念が再び台頭してきていることから、金融や住宅関連主導で、米株式市場は大幅下落となりました。米卸売物価指数のコアレートは0.4%と予想を上回り、インフレ懸念が出ていることも圧迫要因となりました。S&P500 6月限は1410台と急反落しました。NYダウは12,828.68ドル、マイナス199.48です。


<米為替市場>
史上高値を更新した原油を背景としたインフレ圧力の高まりから、ECBの金利据え置き観測が広がりユーロが堅調に推移しました。ユーロ/ドルは1.56後半まで値を伸ばし、現在も1.5660で堅調に推移しています。また、エネルギー価格の高騰による米景気後退が懸念されていることもユーロのサポート要因となっているようです。ドル/円は軟調なNYダウを受け急落、現在も103.65と軟調な動きとなっています。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト信用収縮の懸念が再び台頭のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。