ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年08月の記事一覧
≪07month
This 2008.08 Month All
09month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーケット・ニュース 
2008.08.30.Sat / 00:04 
マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。
スポンサーサイト
米株式市場は総じて堅調に推移 
2008.08.29.Fri / 08:16 
<米株式市場>
予想を上回る米GDP改定値や、NY原油の反落を受けて、米株式市場は総じて堅調に推移しました。先週にかけて大きく下落した金融関連の上昇も目立ちました。リストラが進んでいるペプシコは堅調、一方コカコーラは軟調でした。S&P500 9月限は1300の大台をうかがう動きとなりました。NYダウは1万1715.18ドル、212.67ドル高です。


<米為替市場>
ロンドン市場ではドル安となったものの、米GDP改定値が3.3%と予想を上回ったことから、ドル買いが優勢となりました。ユーロ/ドルは1.4700付近を推移する一方、ドル/円は109.60付近と前日と大きく変わらず付近での取引となりました。金価格が堅調だったことから、金の産地である豪ドルや南アランドは底堅い動きとなりました。
日経平均株価は小反発 
2008.08.28.Thu / 21:00 
<国内株式市場>
日経平均 12768.25円(15.29円高)

      12718.53円─12847.46円 出来高 13億8795万株


 国内株式市場では日経平均が小反発です。3日ぶりの上昇となりましたが、動意に乏しく前日終値を挟んでのレンジ内取引に終始しました。東証1部売買代金は1兆4577億円です。4営業日連続で今年最低を更新した27日の1兆3441億円は上回ったものの、依然薄商いです。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円  108.90/92円   ユーロ/ドル 1.4760/65ドル

 ユーロ/円 160.79/84円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点からドル安が進み109円付近で取引されています。アジア時間の米原油先物CLc1が早朝から1ドルを超える上昇となったことで、ドルは全般に上値の重さが目立ちました。前日の欧州中央銀行(ECB)幹部のタカ派発言や、予想を上回る豪経済指標などを受けて、ユーロや豪ドルの買い戻しが進んだことも、ドルの上値を押さえる一因となりました。


<短期金融市場>         17時5分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.505%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.240(―0.030)

             安値─高値    99.230─99.260


 ユーロ円3カ月金利先物が下落しました。日銀の須田美矢子審議委員が石川県金融経済懇談会後の記者会見で、今後の金融政策運営について触れ、利上げに前向きな発言をしたと受け止められたことが主因です。事前に高値警戒感がくすぶっており、絶好の売り場になったとの見方もありました。取引一巡後は29日の経済指標発表を控えた模様眺めムードが広がりました。無担保コール市場では、翌日物金利が安定的に推移しました。
AIG社が大幅損失を計上しそうとのニュース 
2008.08.26.Tue / 08:25 
<米株式市場>
先週末は上昇するも、米大手保険会社のAIG社が大幅損失を計上しそうとのニュースなどよりNYダウは200ポイント以上も下落し、米株式市場は総じて反落となりました。カンザス州にあるコロンビア銀行は先週末に営業を停止し、信用不安の拡大懸念が広がっています。S&P500 9月限は急反落となり、1270を割込みました。NYダウは1万1386.25ドル、241.81ドル安です。


<米為替市場>
信用市場での混乱拡大との見方よりリスク回避の動きが広がり、円やスイスフランなどの低金利通貨の買いが優勢となり、米中古販売が予想を上回ったことからドルは対ユーロでは堅調でした。ユーロ/ドルは1.4760、ドル/円は110.10付近を推移。最近は底入れの兆しを見せるクロス円も、依然として不安定な株式市場の影響より上値は重いようです。
ユーロ円3カ月金利先物が戻り歩調で推移 
2008.08.25.Mon / 20:44 
<国内株式市場>
日経平均 12878.66円(212.62円高)

      12797.54円─12949.33円 出来高 13億1122万株


 国内株式市場では日経平均が急反発です。200円を超える上昇となりました。ただ、レンジの下値に届いたことで先物が買い戻されたことによる面が大きく、実需筋は概して様子見を続けているということです。現物株の商いは超閑散で、東証1部売買代金は1兆3840億円に落ち込み、22日につけた今年の最低記録を更新しました。東証1部出来高も1月4日の半日取引を下回り今年最低となりました。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円  109.94/99円   ユーロ/ドル 1.4740/45ドル

 ユーロ/円 162.06/11円


 午後5時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点とほぼ変わらず109円後半で取引されています。第2・四半期実質国内総生産(GDP)が92年以来のゼロ成長となった英ポンド、国内金融システムへの不安がくすぶる韓国ウォンなどが対ドルで売られました。ドルは対英ポンドで2年ぶり、対韓国ウォンで4年ぶり高値を更新しました。ドルはその他の通貨に対しても底堅い動きとなりましたが、クロス円での円買いとはさまれる形で、ドル/円は小幅な値動きとなりました。


<短期金融市場>        17時5分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.502%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.565%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.265(変わらず)

             安値─高値    99.235─99.270


 ユーロ円3カ月金利先物が戻り歩調で推移しました。国債先物相場が騰勢を強めたのをきっかけに買い戻されたことが主因です。主に期先物が上昇し、現金担保付き債券貸借(レポ)スペシャル取引では、特定銘柄に需給ひっ迫感はなかったようです。無担保コール市場は、翌日物金利が誘導目標付近で小じっかりです。日銀は即日実施のオペを見送りました。
国際金融入門 
2008.08.25.Mon / 07:41 
マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。
リーマンブラザーズに韓国産業銀行が投資を検討しているとのニュース 
2008.08.24.Sun / 10:05 
<米株式市場>
今年になって80%近い下落となったリーマンブラザーズに韓国産業銀行が投資を検討しているとのニュースより、リーマン株が一時急伸するなど、金融関連の上昇が目立つ中、NYダウは200ポイント近い上昇となりました。またNY原油が急反落となり、インフレ懸念が遠退いたとの見方もサポートとなりました。S&P500 9月限は1290台を回復する動きとなりました。NYダウは1万1628.06ドル、197.85ドル高です。

 
<米為替市場>
韓国の大手銀行が米大手証券会社への投資を検討しているとのニュースが流れ、また商品市場全般の下落、安定するドルより米インフレ懸念が和らいでいるとのバーナンキ発言よりドルは主要通貨に対して反発する動きとなりました。ユーロ/ドルは1.4770、ドル/円は110.00付近を推移。NYダウが急伸したことより、クロス円も堅調な動きとなりました。
無担保コール翌日物の加重平均金利は0.503% 
2008.08.22.Fri / 20:38 
<国内株式市場>
日経平均 12666.04円(86.17円安)

      12631.94円─12732.69円 出来高 14億7322万株


 国内株式市場では日経平均が4日続落です。東証1部売買代金が1兆5035億円と今年最低に落ち込むなか、朝方は先物主導で下値を試しましたが、先物売りが一巡すると日経平均も動意を失いました。後場の日経平均の上下値幅は50円に満たず、下値メドとして意識されている7月安値(1万2671円34銭)水準でこう着しました。


<外国為替市場>           17時時点
ドル/円 109.09/11円   ユーロ/ドル 1.4864/69ドル

 ユーロ/円 162.14/18円

 

 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から上昇、109円付近で取引されています。夕方にかけての取引で、前日同様クロス円買いが優勢となり、ユーロ/円は一時きょうの高値162.40円をつけました。CTA(商品投資顧問業者)によるショートカバー的な動きとの見方を示しています。一方、通貨オプション市場のドル/円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)は、10.5%付近と前日10.2%から小幅上昇しました。前日夕方から円買いが進んだことで、前日NY市場からきょうの東京市場朝方にかけて10.8%まで上昇していました。


<短期金融市場>            17時30分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.503%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.565%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.255(─0.020)

             安値─高値    99.255─99.270


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.503%となりました。準備預金の積みは順調に進んでいます。ターム物取引では、月末を挟む1週間程度のもので0.53─0.535%付近の取引で、今のところは大きな上昇はみられずです。日銀の共通担保資金供給オペ(本店、8月25─9月3日)も案分レート0.540%と前回オペから横ばいの落ち着いた結果でした。ユーロ円金先は下げ渋り、前日の米債安や国内債券市場の下落を受けて売りが先行したものの、一巡後はもみあいです。債券が下げ幅を拡大したタイミングでも金先の下げは限定的でした。景気後退懸念が根強いため、積極的に売りづらいとの声が多いようです。
米株式市場、金融関連は軟調な動き 
2008.08.22.Fri / 08:19 
<米株式市場>
前日急落したファニー、フレディ両社の株価はやや落ち着いた動きとなるも、金融関連は軟調な動きとなり、一方NY原油の急伸より石油、資源関係の上昇が目立ち、米株式市場は総じて底堅い動きとなりました。S&P500 9月限は1260台ではサポートされ、後半にかけてはプラスサイドを維持しました。NYダウは1万1430.21ドル、12.78ドル高です。


<米為替市場>
米サブプライム問題により大手金融関連のさらなる損失発表の見通しなどより、ドル売りが加速し、ドルは主要通貨に対して大きく売り込まれました。NY原油が急伸したこともユーロ上昇の背景にあります。ユーロドルは1.4880付近、ドル円は108.60付近を推移。原油高によりカナダドル、南アランド、豪ドルなど資源関連の国の通貨の上昇も目立ちました。
無担保コール翌日物の加重平均金利は0.501% 
2008.08.21.Thu / 18:34 
<国内株式市場>
日経平均 12752.21円(99.48円安)

      12723.83円─12885.34円 出来高 15億7554万株


 国内株式市場では日経平均が続落です。米国株高を受けて小高く寄り付いたものの、その後は短期筋による先物売りが強まって軟調に転じました。しかし、直近安値である7月安値(1万2671円34銭)も意識されて下値を攻めきれず、後場は動意を失って下値圏でもみあいました。後場に急速に進行したドル安/円高にも実需売りが膨らむことはなく、先物も含めて反応は限定的です。上値が切り下がる一方で下値への抵抗も出てきたとの声が上がっています。


<外国為替市場>        17時時点
ドル/円 108.93/98円   ユーロ/ドル 1.4784/87ドル

 ユーロ/円 161.10/12円

 

 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から大きく下落し、108円後半で取引されています。午後は下値109.50円付近のストップロスをつけにいく展開からクロス円でも大きく売り込まれ、全般的に円買いの動きになりました。ドル/円はきょうの高値から1円超下げ、一時108.64円をつけました。その後ドル/円、クロス円とも買い戻しの動きもみられるが、大きく切り返す展開にはなっていません。


<短期金融市場>        17時25分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.501%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.560%(─0.010)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.270(+0.005)

             安値─高値    99.260─99.280


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.501%となりました。朝方の段階で大手邦銀などの0.505%での資金調達が一巡した後も、準備預金残高の積み需要によって誘導目標(0.50%)近辺ではしっかりとビッドが入っていました。日銀の金融政策の先行き見通しは不透明ではあるものの、短期的な資金繰りに対する不安感は乏しいようです。日銀の資金供給オペ利回りは安定して推移しています。ユーロ円金先は高値圏でこう着です。きょうは株安/債券高を受けて小幅な買い戻しが入っているが、早期利下げ観測が高まらないなかでは上値追いにも慎重でした。
無担保コール翌日物は0.50─0.505%を中心に底堅く推移 
2008.08.19.Tue / 17:33 
<国内株式市場>
日経平均 12865.05円(300.40円安)

      12782.10円─13016.50円 出来高 15億6813万株


 国内株式市場では日経平均が3日ぶりに大幅反落です。前日比300円を超す下落幅で、1万2800円台で大引けました。米国での金融不安が再び市場の大きな関心事となり、警戒感から買いのインセンティブに乏しく、先物売りに押されました。東証1部の売買代金は1兆7012億円と薄商いでした。


<外国為替市場>          15時時点
ドル/円  110.05/10円   ユーロ/ドル 1.4663/68ドル

 ユーロ/円 161.43/48円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点とほぼ同水準の110円前半で取引されています。午後に入ってからアジア系ファンドによるドル買いの動きが強まり、110円を回復しました。米原油先物価格が1バレル=112ドル付近に下落したことなどが意識されたとみられています。ドル指数ドル指数が1月22日以来約7カ月ぶりの高水準まで上昇し、一時77.321をつけました。


<短期金融市場>          15時40分
 無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.50─0.505%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.575%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.285(─0.005)

             安値─高値    99.260─99.320


 無担保コール翌日物は0.50─0.505%を中心に底堅く推移しました。準備預金の積みの初期段階であるため、邦銀勢からしっかりとした調達意欲が示されました。ユーロ円金先は前日比横ばい圏で、白川日銀総裁の記者会見などの材料を待ってもみあいです。朝方に買われた後は高値警戒感から売りが優勢となり、日銀金融政策決定会合の声明発表も経て前日比マイナス圏に下落です。しかし景気後退観測が強まる中で下値は限定的でした。OIS金利は引き続き年度内の日銀利下げの可能性を1─2割織り込む水準で推移しています。市場では利下げ織り込みが強まっているが、早期の利下げの可能性については懐疑的な見方をする参加者は多いようです。
米株式市場は総じて堅調 
2008.08.16.Sat / 20:52 
<米株式市場>
商品市場全般の下落より小売業界などの消費関連の上昇が目立つ中、米株式市場は総じて堅調な動きとなりました。金融関連が底堅い動きとなる一方、石油、資源関連は軟調でした。インフレ懸念の後退が好感されるも、金融市場での不安は依然として根強いことから、上値は限られるとの意見もあります。S&P500 9月限は比較的小動きとなり、1300台をうかがう動きとなりました。NYダウは1万1659.90ドル、43.97ドル高です。


<米為替市場>
欧州、日本の景気後退や、NY原油の下落などを背景としたドル買いが続いており、ユーロドルは6ヶ月ぶりの安値となる1.4680付近に下落、ドル円も110.50と最近の高値を更新する動きとなりました。これまでのドル下落を見込んだ投資家のドルの買戻しも進んでいる模様ですが、一方ではドルの上昇が急過ぎるとの意見もあります。
株式ニュース 
2008.08.16.Sat / 09:51 
マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。
日経平均株価は4日ぶりに反発 
2008.08.15.Fri / 21:38 
<国内株式市場>
日経平均 13019.41円(62.61円高)

      12952.21円─13029.58円 出来高 17億8504万株


 国内株式市場では日経平均が4日ぶりに反発しました。ただ、夏季休暇での典型的な夏枯れ相場で現物、先物ともに売買が極端に細りこう着状態となりました。東証1部の売買代金は1兆5870億円で7月28日の今年最低額を更新しました。業種別では、バルチック海運指数.BADIの急伸を背景に海運が上昇したほか、円安を受けて自動車などの輸出関連が買われました。情報通信や鉄鋼は軟調でした。


<外国為替市場>          17時時点
ドル/円  110.30/35円   ユーロ/ドル 1.4732/35ドル

 ユーロ/円 162.51/60円


 午後5時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点からドル高が進み110円前半で取引されています。米以外の主要国・地域の通貨が売られる一方で、ドルが買い戻される流れが継続dす。ユーロ/ドルは一時1.4698ドルまで下落し2月以来半年ぶり、英ポンド/ドルは1.85ドル前半と2年ぶり安値を更新しました。ドル/円も一時110.67円まで上昇し、1月以来7カ月ぶり高値圏へじり高となりました。


<短期金融市場>         17時5分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.504%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.570%(─0.005)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)  99.250(+0.025)

             安値─高値   99.210─99.260


 無担保コール翌日物金利は乱高下です。準備預金の積み最終日を迎えて、日銀誘導目標に対して強含みで取引が始まりましたが、調達一巡後は年金が金融機関に支払われたことから、いったん弱含む場面もありました。翌日物金利は0.4%割れの水準で推移する場面もあったが日銀が午後2時45分すぎに手形売出オペを通告して2000億円を即日吸収したのを受けて、再び上昇に転じました。ユーロ円3カ月金利先物市場は売り一巡後に反発です。債券市場が後場、急速に値を戻したのを受けて買い戻しが入りました。中心限月09年3月限は一時前日比3.5ティック高の99.260と中心限月ベースで約4カ月ぶりの水準に上昇しました。
無担保コール翌日物の加重平均金利は0.512% 
2008.08.14.Thu / 20:19 
<国内株式市場>
日経平均 12956.80円(66.25円安)

      12926.98円─13090.68円 出来高 17億6319万株


国内株式市場では日経平均が3日続落となりました。米金融不安が再燃する一方、アーバンコーポレイションの破たんという悪材料が加わり、銀行や不動産を中心に売られました。東証1部の売買代金は1兆8955億円と薄商いです。現物でほとんど動意がないなかで短期筋の先物売買に振らされる展開となる一方、値動きの幅は小さく1万3000円から下値を大きく下げることはありませんでした。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 109.47/52円   ユーロ/ドル 1.4912/17ドル

 ユーロ/円 163.33/38円


 午後5時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点と変わらずの109円半ばで取引されています。前日大きく売リ込まれた後に急反発に転じたクロス円は、きょうのアジア時間では動意薄のなか軟調地合いでしたが、夕刻にドイツの第2・四半期国内総生産(GDP)が市場予想を上回る結果となったことが好感され、ユーロが163円を回復したことを契機に、クロス円での買戻しに弾みがつきました。ドル/円のきょうの値幅は109.03―109.61円と狭いレンジの取引に終始したが、米国で信用収縮懸念が再燃していることもあり、上値が重い展開となりました。


<短期金融市場>       17時50分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.512%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)  99.225(変わらず)

             安値─高値   99.220─99.240


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.512%となりました。準備預金積み最終日を15日に控えて、邦銀勢を主体に資金調達意欲が強まり、翌日物はしっかりとした展開となりました。15日スタートの翌日物は0.51─0.52%で推移です。ユーロ円3カ月金利先物は小動きで、債券高や株安などを受けて中心限月09年3月限は一時前日清算値比1.5ティック高の99.240と8日に付けた直近高値に並ぶ場面もありましたが、高値警戒感が浮上する中、上値追いに慎重ムードが広がりました。
米株式市場は総じて続伸 
2008.08.12.Tue / 08:06 
<米株式市場>
先週に続いてNY原油が続落し、また商品市場全般の下落により米経済への好影響の期待が広がり、米株式市場は総じて続伸。先週末のグルジアへのロシア軍侵攻のニュースは、注目されながらもマーケットへのインパクトは限定的なようです。これまでの決算発表については約7割が予想を上回る内容となっており、さらなる上値を見込む意見もあるようです。S&P500 9月限は一時1310台まで値を伸ばし、1300の大台を回復しています。NYダウは48.03ドル高の11782.35です。


<米為替市場>
欧州、及びロシア圏での景気鈍化が懸念される中、ユーロ/ドルは朝方は堅調だったものの、商品市場下落より米経済の持ち直しの期待などよりNY市場ではドル買いが優勢となりました。ユーロ/ドルは1.4910付近、一方ドル/円はクロス円の下落に絡んで比較的小動きとなり、110.10付近での取引となりました。 
日経平均株価は大幅続伸 
2008.08.11.Mon / 21:01 
<国内株式市場>
日経平均 13430.91円(262.50円高)

      13259.46円─13468.81円 出来高 17億9342万株


 国内株式市場では日経平均が大幅続伸です。上げ幅は一時300円を超え、心理的な節目である1万3500円を視野に入れました。米国株高やドル高/円安を受けたセンチメントの好転で自動車株が買われたほか、先物買いが活発化して日経平均を押し上げました。また、先物をショートしていたヘッジファンドの手仕舞いによる買い戻しが日経平均を押し上げたとの見方も出ています。


<外国為替市場>          17時時点
ドル/円  109.80/85円   ユーロ/ドル 1.5037/42ドル

 ユーロ/円 165.09/14円


 午後5時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から小幅ドル安の109円後半で取引されています。前週末海外の流れを引き継ぎ、週明け早朝の取引ではドル買いが先行しました。ドルは対円で7カ月ぶりに対ユーロで5カ月半ぶりの高値を一時つけましたが、午後から夕方にかけては短期筋の利益確定と見られるドル売りが強まりました。前週末から急ピッチのドル上昇が続いた反動で下げも勢いづいており、市場では今後のドルの方向性をめぐる見方が交錯しています。


<短期金融市場>          17時5分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.501%

 3カ月物FB(政府短期証券)           ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.205(─0.020)

             安値─高値    99.205─99.225


 無担保コール翌日物の取引中心金利は0.50%付近で推移し、主な取り手は大手行や地銀、一部外銀などです。日銀は朝方の金融調節で手形売り出しオペを通告して5000億円を吸収しましたが、準備預金残高が中立水準を上回る状況が続いたこともあり、総じて落ち着いた展開となりました。1週間物取引は0.53%付近、トムネ取引は0.50─0.51%付近の出合いです。日銀が午後に実施した期間3カ月の共通担保資金資金供給(本店)オペ(8月13日─11月7日、8000億円)の案分落札金利は0.560%と前回から横ばいです。同時に実施した1週間の同オペ(8月12日─8月19日、4000億円)は0.530%。ユーロ円3カ月金利先物は反落です。株高を嫌気して売りが先行しましたが、景気悪化懸念が意識される中、下値は限られました。
株価動向解析 
2008.08.11.Mon / 07:31 
マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。
NY株式市場総じて堅調な動き 
2008.08.09.Sat / 10:15 
<米株式市場>
NY原油が115ドル台まで急落したことがはやされ、前日の急落より一転してNYダウは300ポイントもの急反発となるなど、総じて堅調な動きとなりました。週を通しても堅調な動きとなったものの、依然として金融市場を中心とした収益悪化の懸念もあります。S&P500 9月限は1290台まで値を伸ばしました。NYダウは1万1734.32ドル、302.89ドル高です。


<米為替市場>
欧州経済の減速を懸念するトリシェECB総裁の前日の発言や、テクニカル要因も加わり、ドルは主要通貨に対して全面高の様相となりました。ユーロ/ドルはサポートを次々と割込み1.5040付近、ドル/円は今年1月以来となる110.20台を推移。これまでの長期に渡るドル安の調整との見方で、本日の動きは短期的には行き過ぎとの見方もあります。
 
金融関連主導で、米株式市場は大幅下落 
2008.08.08.Fri / 08:02 
<米株式市場>
大手保険会社AIGの巨額損失、シティグループのサブプライム以外での損失のニュースなどより金融関連主導で、米株式市場は大幅下落となりました。米失業申請件数が予想に反して7千件増の45.5万件となったことも嫌気されました。NYダウは200ポイント以上も急落し、S &P500 9月限は1260台まで大きく下押されました。NYダウは1万2083ドル77セント、205ドル99セント安です。


<米為替市場>
NY市場の朝方はクロス円が堅調だったものの、その後NYダウの軟化に伴い、クロス円が売られ、ECBの金利据置きの発表よりユーロが軟化する動きとなりました。ドル/円は109.40付近、ユーロ/ドルは1.5330付近を推移。欧州圏、日本での景気鈍化の懸念が広がっていることもドル買い要因となっています。
日経平均株価は反落 
2008.08.07.Thu / 20:19 
<国内株式市場>
日経平均 13124.99円(129.90円安)

      13034.15円─13257.99円 出来高 20億2920万株


 国内株式市場で日経平均は反落です。米株高、円安、原油安の好環境にもかからわず、8日のオプションSQ(特別清算指数)を前に1万3000円の水準を意識した先物売りが加速するなか、実需の投資家は見送りとなりました。大引けにかけてはグローベックスの下げ渋りで先物に買い戻しが入り下げ幅を縮小しました。


<外国為替市場>         17時時点
 ドル/円  109.44/45円   ユーロ/ドル 1.5465/70ドル

 ユーロ/円 169.26/30円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅下落し、109円前半で取引されています。夕方にかけてロシア勢がユーロ買いを仕掛け、ユーロ/ドルが大きく上昇、ユーロ/円の上昇、ドル/円の下落に波及したということです。海外ファンド勢のドル買いの動きもみられ、109.40円付近でサポートされています。足元ではもみあいが続いています。


<短期金融市場>         17時30分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.499%

 3カ月物FB(政府短期証券)       0.570%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.185(+0.005)

             安値─高値    99.175─99.200


 短期国債市場で3カ月物政府短期証券(533回債、11月10日償還)の少額取引が成立した。足元資金の余剰感の強まりで短国利回りは低下傾向です。7日の取引でも投資家の買いが散発的に入り、流通利回りをさらに押し下げました。ユーロ円3カ月金利先物は依然として3カ月半ぶりの高値圏で推移しました。利上げ観測後退に伴うポジション繰りの影響で、一部限月間での逆イールド現象もみられました。無担保コール翌日物は誘導目標に沿った動きです。
米株式市場は総じて続伸 
2008.08.07.Thu / 08:43 
<米株式市場>
朝方は一時軟調な動きだったものの、シスコの予想を上回る好決算、マイクロソフトの200億ドルもの自社株の買戻しのニュースなどより、米株式市場は総じて続伸しました。NY原油の続落、その他商品市場の下落より、インフレ懸念が後退していることも好感された模様です。S&P500 9月限は続伸し、1280台後半を推移。NYダウは1万1615ドル77セント、331ドル62セント高です。


<米為替市場>
前日に続いて主要通貨に対してドル買いが優勢となり、ドル円は109.60台を推移するなど、ドル高が目立ち、また日本経済の減速懸念などより、クロス円の上昇が目立ち、円は主要通貨に対して総じて軟調に推移しました。テクニカル要因も加わり、ユーロ/ドルは続落しており、1.5410付近を推移しています。
マーケット・ニュース 
2008.08.07.Thu / 07:59 
マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。
短期国債市場で6日入札の3カ月物政府短期証券(533回債、11月10日償還)の流通利回りが一時0.570%に低下 
2008.08.06.Wed / 21:46 
<国内株式市場>
日経平均 13254.89円(340.23円高)

      13048.97円─13295.51円 出来高 22億7438万株


国内株式市場で日経平均は4日ぶりの大幅反発となりました。米株高、円安、原油安の好環境を背景に先物で短期筋などの買い戻しが入ったほか、実需筋による主力株の買いも観測されました。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円  108.31/36円   ユーロ/ドル 1.5500/05ドル

 ユーロ/円 167.89/95円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点とほぼ同水準の108円前半で取引されています。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)をこなし、原油価格が反落する中でドルが買い戻される流れに変わりはないとみられています。ただ、夕方にかけての取引でも、直近高値108.59円を意識した攻防が続き、上値は重く、今日の高値108.55円を上抜けしていません。


<短期金融市場>         18時25分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.500%

 3カ月物FB(政府短期証券)531回債流通利回り 0.570%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.180(+0.020)

             安値─高値    99.150─99.195


 短期国債市場で6日入札の3カ月物政府短期証券(533回債、11月10日償還)の流通利回りが一時0.570%に低下しました。主に外国人投資家の需要が観測され、入札時の落札水準を割り込んで推移しました。落札利回りは、4月16日以来ほぼ4カ月ぶりの低水準でした。足元金利の低下傾向が鮮明となり、現金担保付き債券貸借(レポ)や国債買現先オペの金利が軒並み緩んだ。無担保コール翌日物は大手銀行の資金需要を支えに底堅い展開でした。年度内の利上げ織り込みを調整するための買いが入り、ユーロ円金利先物は3カ月半ぶりの高値に達しました。
ユーロ円3カ月金利先物が買われ、中心限月は4月22日以来ほぼ3カ月半ぶりの水準 
2008.08.05.Tue / 18:41 
<国内株式市場>
日経平均 12914.66円(18.52円安)

      12893.34円─13049.58円 出来高 21億7417万株


 国内株式市場で日経平均は3日続落です。円安や原油安などの好材料があったものの、今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、終日、1万3000円を挟んだこう着商状となりました。14時30分を過ぎた時間帯からはポジション手仕舞いの売りに押され、マイナス圏に沈みました。後場には年金とみられる買いが入ったとの観測もありましたが、戻り売りも多かったようです。


<外国為替市場>          17時時点
ドル/円  107.80/85円   ユーロ/ドル 1.5498/03ドル

 ユーロ/円 167.01/06円


 午後5時過ぎのドル/円は107円後半で、前日NY市場の午後5時時点から若干のドル安/円高となっています。 アジア時間の取引では、商品市況の軟化から、朝方からクロス円の売りが目立ったが、午後に入って景気低迷が顕著になってきたオセアニア諸国の利下げ余地が強く意識され、豪ドル、NZドルは一段安となり、ユーロ/円も一段と売り込まれました。きょうの連邦公開市場委員会(FOMC)では、2.0%のフェデラル・ファンズ金利の据え置きが予想され、声明内容も前回を踏襲することが見込まれています。7日に予定される欧州中央銀行(ECB)の政策会合でも4.25%の主要政策金利が据え置かれる見通しです。


<短期金融市場>         17時55分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.502%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.575%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.155(+0.010)

             安値─高値    99.145─99.160


 短期国債市場で、5日入札の6カ月物政府短期証券(532回債、2009年2月10日償還)の流通利回りが、平均落札水準を下回る0.585%まで低下しました。一部参加者のショートカバー需要が主因とみられています。入札時の落札水準も前回債より下がりました。一方先行きの景気悪化観測の強まりでユーロ円3カ月金利先物が買われ、中心限月は4月22日以来ほぼ3カ月半ぶりの水準に達しました。高値警戒感が残り、取引一巡後は伸び悩みました。無担保コール翌日物は誘導目標に沿って推移し、日銀は即日実施のオペを見送りました。
国内株価動向 
2008.08.05.Tue / 18:12 
マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。
米株式市場は総じて軟調に推移 
2008.08.05.Tue / 08:08 
<米株式市場>
商品市場全般の下落より、石油や資源関連の下げが目立ち、米株式市場は総じて軟調に推移しました。PCEインフレ指数は0.8%増とインフレ懸念が広がっていることも圧迫要因となりました。S&P500 9月限は引けにかけて1250を割込みました。NYダウは1万1261.59ドル、64.73ドル安です。
  

<米為替市場>
明日のFOMCを前に先週にかけて大きく売られていたクロス円が戻す動きとなるなど、円が主要通貨に対して堅調な動きを見せ、ユーロ、スイスフランなどは堅調に推移しました。米政策金利は据置きとの見方が濃厚で、またECBも据置きとの見通しです。ドル/円は108.20付近、1.5580付近と近日のレンジ内での取引となっています。
日経平均株価は続落 
2008.08.04.Mon / 22:48 
<国内株式市場>
日経平均 12933.18円(161.41円安)

      12910.17円─13113.94円 出来高 21億4064万株


  国内株式市場で日経平均は続落です。終値で7月18日以来の1万3000円割れとなりました。東証1部の騰落は、値上がり284銘柄に対し値下がり1385銘柄、変わらずが50銘柄で8割が売られました。グローバルな景気減速への警戒感が強まる一方、国内企業決算もさえず、投資家のセンチメントは弱気に傾きがちとなっているようです。東証1部売買代金は2兆3109億円と薄商いです。手がかり難のなか、売り一巡後も反発力が弱く、短期筋による先物の売りに終日押される展開となりました。


<外国為替市場>       17時時点
ドル/円  107.77/82円   ユーロ/ドル 1.5580/85ドル

 ユーロ/円 167.88/99円


 午後5時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から小幅上昇し、107円後半で取引されています。夕方にかけての取引で、再びクロス円の買い戻しの動きが強まりユーロ/円は、本邦大口投資家の売りも見られましたが、欧州勢の本格参加で、一時きょうの安値から約1円高の水準に上昇しました。ただ、短期筋中心の取引が続いており、長続きしないとみられています。第2・四半期の豪住宅価格指数が予想ほど悪化しなかったことを好感して豪ドルが買われ、午後はクロス円全体に買い戻しの動きが強まっていました。


<短期金融市場>       17時5分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.502%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ――

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)    99.145(+0.015)

             安値─高値    99.135─99.145


 ユーロ円3カ月金利先物が小幅高で推移しました。先行きの景気不透明感や日経平均株価の下落が相場を支えました。期先物を中心に一部海外勢の買いが入ったとの指摘もありました。無担保コール市場では、翌日物金利がおおむね誘導目標に沿って推移し税揚げや政府短期証券の発行日を迎えたが波乱には至らず、安定した取引が続きました。日銀は即日実施のオペを見送りました。
NYダウは総じて軟調に推移 
2008.08.02.Sat / 15:07 
<米株式市場>
米就業者数は予想ほどの減少でなかったことから、ダウ先物は一時堅調に推移したものの、GMの巨額損失や、NY原油が一時急伸したことなどより、総じて軟調に推移しました。米失業率は5.7%に上昇し、大手企業のさらなる人員削減の思惑が圧迫材料となりました。S&P500 9月限は1260を割込む動きとなりました。NYダウは1万1326.32ドル、51.70ドル安です。


<米為替市場>
米雇用統計では就業者数が5.1万人減と7ヶ月連続での減少となったものの、減少幅が予想ほどではなかったことから、ドルは欧州通貨に対して買われ、ユーロが軟調、一方NYダウの下落によりリスク回避も進み、クロス円は総じて下落しました。ユーロドルは1.5550付近、ドル/円は107.70付近での推移。また独小売売上高が低調だったこともユーロ売りの要因となりました。
国際金融入門 
2008.08.02.Sat / 12:10 
報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。



それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。