ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年05月の記事一覧
≪04month
This 2008.05 Month All
06month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル社は予想を上回る決算内容 
2008.05.31.Sat / 21:30 
<米株式市場>
デル社の予想を上回る決算内容を受けてテクノロジー関連が上昇し、またNY原油が反発したことなどより商品関連も堅調な動きとなるなど、総じて底堅く推移しました。NYダウは引けにかけて軟化し、S&P500 6月限は前日比ほぼ変わらずで取引を終えました。NYダウは12,638.32ドル、マイナス7.90です。


<米為替市場>
ドルは本日発表された経済指標の結果が好感され序盤は堅調に推移しましたが、原油の反発や週末のポジション調整を背景に上値の重い動きとなりました。ドル/円は105.70付近まで上昇するもNYダウが軟化したことで反落、現在は105.40での推移となっています。ユーロ/ドルは原油高を受け現在も1.5555付近で堅調に推移しています。来週は重要イベントや指標が控えています。
スポンサーサイト
無担保コール翌日物の加重平均金利は0.527% 
2008.05.30.Fri / 19:02 
<国内株式市場>
日経平均 14338.54円(214.07円高)

      14192.17円─14366.63円 出来高 25億0833万株


 国内株式市場で日経平均は大幅続伸です。前日比200円を超える上昇となりました。米株高や対ドルで105円台まで進んだ円安を好感して自動車やハイテクなど輸出株を中心に買われました。銀行株も高く推移し、これまでの短期筋に加え、海外機関投資家や国内機関投資家、個人投資家、投信など幅広い層から買いが入ったようです。モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の新基準導入に伴うウエート調整の指数への反映がきょうの終値基準で行われることもあり、商いは膨みまし。ただ、直近の戻り高値に接近して過熱感も出ているため、上値では伸び悩み気味の展開になりました。


<外国為替市場>            17時時点
ドル/円  105.45/47円   ユーロ/ドル 1.5473/78ドル

 ユーロ/円 163.20/24円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅安の105円半ばで取引されています。午前中から断続的なドル売りが見られ、上値の重い展開が続きました。午後発表された4月の独小売売上高が予想に反して弱かったことから対ドル、対円でユーロ売りが進みました。前日海外安値1.5485ドルを割り込んだこともユーロ売りを加速させました。こうした動きがドル/円の上昇につながっているとみられています。


<短期金融市場>           18時10分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.527%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り     ─(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)   98.885(─0.010)

             安値─高値   98.875─98.905


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.527%です。月内最終営業日を迎えて金融機関の金調達意欲が強まり、朝方から強含む展開でした。日銀は午後の金融調節で3000億円を即日供給して金利上昇をけん制し、一時は0.55%付近に上昇した大手行の調達希望水準は切り下がりました。ユーロ円金先は前日の海外市場の下落や株高が圧迫要因となり上値が重かったようです。もっとも、日銀利上げを見込みにくい中では下値は限界に近づいているとの見方も多いようです。
米債券市場が下落傾向続く 
2008.05.30.Fri / 08:06 
<米株式市場>
米債券市場が下落傾向(長期金利の上昇)が続いており、逆相関関係にある米株式市場は総じて続伸。最近下げが続いている金融関連や、NY原油の急落をはやした航空関連の上昇が目立ちました。先週より上昇していたボラティリティも下げに転じています。S&P500 6月限は1400台を探りましたが、引けにかけては同大台を割込みました。NYダウは12,646.22ドル、プラス52.19です。
 

<米為替市場>
本日発表されたGDPなどの経済指標はほぼ予想通りの結果となり、マーケットが予想していたほど悪い結果が出なかったことで米経済に対する楽観的な見方が広がり、ドルが堅調に推移しました。また、近いうちに利上げに転じる可能性が出てきたことも背景にあるようです。ドル/円はNYダウが堅調に推移したことでキャリトレードが選好され一気に105円後半まで急伸、現在も105.55付近で堅調に推移しています。ユーロ/ドルは原油の下落も圧迫要因となり下値を拡大、現在も1.55を挟んで軟調に推移しています。
無担保コール翌日物は0.50%付近を中心に底堅く推移 
2008.05.29.Thu / 18:23 
<国内株式市場>
日経平均 14124.47円(415.03円高)

      13832.65円─14147.89円 出来高 19億4621万株


 国内株式市場で日経平均は大幅反発です。前日比400円を超える上昇となり、終値では前週末23日以来となる1万4000円台を回復しました。米株高と円安を好感して輸出株を中心に買い戻しが先行しました。午前中盤以降は短期筋が債券先物売りと株先買いを進め、ショートポジションの踏み上げを伴い一段高となりました。


<外国為替市場>           15時時点
ドル/円 104.98/03円   ユーロ/ドル 1.5610/15ドル

 ユーロ/円 163.93/03円


午後3時過ぎのドル/円は、日経平均株価の上昇や、日米長期金利差の拡大やテクニカル要因から堅調に推移し、一時105.03円まで買い進まれました。テクニカル面では、前日NY市場で103.70―104.30円のゾーンを明確に上抜けたため、底堅いとの指摘があるようです。


<短期金融市場>           15時40分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.50%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り     ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)  98.890(─0.035)

             安値─高値   98.880─98.905


 無担保コール翌日物は0.50%付近を中心に底堅く推移しました。準備預金残高見込みに余裕はあるものの、月末を前に資金運用に慎重になる動きもあり、やや資金の巡りが悪いようです。月末越えのトムネは0.53─0.54%付近で、来月4日の税揚げ日を挟むターム物は0.57─0.58%付近と横ばい圏で取引されています。日銀が午後1時に実施した共通担保資金供給オペ(本店)では、5月30─6月12日が期間の短めの供給に需要が集まり、案分レートは0.560%と小幅上昇しました。ユーロ円金先は下げ渋りです。米債安や株高/債券安を受けて売りが先行したものの、日銀の利上げが見込みづらいなかでは下値不安は乏しいようです。亀崎日銀審議委員の景気の下ぶれリスクを強調した発言もサポート要因だということのようです。
株式市場展望 
2008.05.29.Thu / 08:46 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米株式市場は総じて堅調 
2008.05.29.Thu / 07:48 
<米株式市場>
昨日は堅調だった金融関連が再び軟調な動きとなる中、NY原油の急反発など商品関連の上昇が目立ち、米株式市場は総じて堅調でした。また米耐久財受注は-0.5%だったものの、輸送関連を除くとプラスだったことも好感されました。S&P500 6月限は1390台を推移しました。NYダウは12,594.03ドル、プラス45.68です。


<米為替市場>
本日発表された米耐久財受注が好感され、米経済に楽観視が広がったことからドルは堅調に推移しました。ドル/円は一時105.30を付けるなど急伸、その後は原油が反発したことで押されるも104.65付近で底堅く推移しています。欧州時間に大きく下げたユーロ/ドルは小動きながら軟調に推移するも、独消費者物価指数が事前予想を上回ったことから1.56前半ではサポートされ、現在は1.5645付近での推移となっています。
日経平均株価は大幅反落 
2008.05.28.Wed / 18:22 
<国内株式市場>
日経平均 13709.44円(183.87円安)

      13665.57円─13979.39円 出来高 20億3859万株


 国内株式市場で日経平均は大幅反落です。一時、前日比200円を超える下落となりました。円高進行や米株先物安を背景に短期筋が午後中盤から債先買い/株先売りを仕掛け、崩れたようです。下値での国内勢の買いも見られましたが、買っては投げる弱めの動きでした。業種別では原油価格下落を嫌気して石油や鉱業、商社など資源関連株が売られました。米ハイテク株高などを好感して朝方は電機株に買いが先行しましたが、為替が円高方向に振れたことで値を消しました。


<外国為替市場>           15時時点
ドル/円  103.95/00円   ユーロ/ドル 1.5715/20ドル

 ユーロ/円 163.37/43円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から下落し、104円挟みの水準で取引されています。全般的に小動きで、方向感を探る展開でした。ドルの伸び悩みが続いていたため、日経平均株価が200円程度下げたことを手掛かりにドル売りが進む局面もありました。午前中に続き、アルカイダの攻撃に関するニュースも弱材料となりました。


<短期金融市場>           15時40分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.50%

 3カ月物FB(政府短期証券)518回債

               流通利回り  0.585%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.015(変わらず)

             安値─高値    99.000─99.025


 無担保コール翌日物は0.50%中心の取引が続きました。誘導目標(0.50%)を下回る水準での取引もありましたが、大手邦銀が0.50%でしっかりと調達希望を維持し、全体的にレートも底堅かったようです。準備預金の積みが順調に進んでおり、一部の金融機関の積みの進ちょくは平均以上になっていますが、月末や来月4日の税揚げ日など資金需要が高まる日程が控えており、波乱の可能性も見込んで今のうちにしっかりと積みを進めておこうという意識になっているようです。月末越えのスポネは外銀勢のビッドで0.54─0.55%付近の取引で、税揚げ日を挟む1週間は引き続き0.57─0.58%付近での取引となっています。ターム物は資金のオファーが少なく、特に海外勢に向けてのレートが見合わず、出合いは少なめです。ただ、現段階では海外勢の調達意欲もレートに一段の上昇圧力がかかるほどではないということです。財務省が実施した3カ月物FBの最高落札利回りは0.5985%で、事前予想通りの結果となりました。ユーロ円金先は売買が交錯し、方向感に欠けた展開が続きました。
NY株式市場は総じて堅調 
2008.05.28.Wed / 07:55 
<米株式市場>
NY原油が大きく下押し、最近下げが目立っていた金融関連が反発したことから、NY株式市場は総じて堅調な動きとなりました。ドル高を受けて資源関連が下げる一方、テクノロジー関連の上昇が目立ちました。S&P500 6月限は反発し、1380台を推移しました。NYダウは12,548.35ドル、プラス68.72です。

 
<米為替市場>
本日発表された消費者信頼感指数が悪い結果となったものの、新築住宅販売件数が予想を上回ったことが好感されドルは堅調な動きとなりました。また、原油の下落もドルのサポートとなったようです。ドル円はNYダウが堅調に推移したことでキャリートレードの動きが活発に見られ104円を回復、現在も104.30付近まで上値を伸ばしています。ユーロドルはドル高を受け軟調、1.57を割り込み現在も下値を探る動きとなっています。
日経平均株価は大幅反発 
2008.05.27.Tue / 18:46 
<国内株式市場>
日経平均 13893.31円(203.12円高)

      13750.82円─13931.23円 出来高 15億6847万株


 国内株式市場で日経平均は大幅反発で、前日比200円を超える上昇となりました。米英市場は休場でしたが、アジア市場などが堅調な動きを示し、為替もやや円安方向に進んだことで短期筋が前日売った先物を買い戻しました。現物も裁定買いで上昇したが海外勢の取引が乏しかったことや手掛かり難から極めて薄商いでした。東証1部売買代金は1兆7844億円と半日取引を除いて今年最低水準です。


<外国為替市場>           15時時点
ドル/円  103.50/55円   ユーロ/ドル 1.5812/17ドル

 ユーロ/円 163.71/77円

午後3時のドル/円は、前日欧州市場の午後3時時点とほぼ変わらずの103円半ばで取引されています。午後も英米の休日明けで手掛かり難を指摘する声が多かったようですが、日経平均株価が200円超上昇したことを背景にクロス円で主要通貨買い/円売りとなり、ユーロ/円の上昇がユーロ/ドル、ドル/円に波及しました。一方、フィリピン、インドネシア、台湾、韓国でドル売り介入が実施されました。


<短期金融市場>            15時45分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.50─0.51%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.585%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.010(─0.015)

             安値─高値    99.000─99.025


 無担保コール翌日物は、準備預金の積みを進める上での資金需要から、誘導目標(0.50%)ではしっかりとビッドが入り底堅い推移でした。市場関係者によると、積みの進ちょくは全体として平均をやや上回っているとみられています。午後から取引が始まった30日スタートのレポGCは、0.54%付近で出合いを付けました。スポネ(29日の翌日物)は0.52─0.53%付近での推移でした。ユーロ円金先は株高などを嫌気し売りが先行したものの、足元のレンジを外れるほどの勢いはなく方向感に乏しい展開でした。
無担保コール翌日物は0.50─0.51%程度での取引 
2008.05.26.Mon / 18:16 
<国内株式市場>
日経平均 13690.19円(322.01円安)

      13670.92円─13883.51円 出来高 18億1844万株


 国内株式市場で日経平均は3日ぶりの反落です。1万4000円を大きく割り込み前営業日比300円を超える下落となりました。前週末の米株安や円高進行を嫌気してハイテクや自動車など輸出株が売られました。米金融機関の収益に不安が再び強まっていることから日本の金融セクターもさえない展開となっています。東証1部売買代金が2兆0340億円と薄商いのなか、先物への断続的な売りで下げ幅を広げる場面もありました。


<外国為替市場>              15時時点
ドル/円  103.27/30円   ユーロ/ドル 1.5760/65ドル

 ユーロ/円 162.77/83円


 午後3時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点とほぼ変わらず103円前半で取引されています。米国と英国が週明けに休暇となるため、東京市場は午前中から取引が薄く、小幅な値動きにとどまりました。全般的にクロス円が堅調で、ドル/円も落ちにくい展開でした。


<短期金融市場>              15時40分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.50─0.51%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   ──   (出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.025(+0.015)

             安値─高値    99.015─99.030


 無担保コール翌日物は0.50─0.51%程度での取引が続きました。資金がひっ迫する様子はないものの、国債発行日であることや月末、税揚げ日が近づいていることなどからレートが大きく低下することもありませんでした。ターム物取引では税揚げ日を挟んで引き続き0.5%後半での取引がありましたが、長めの期間のものは調達と運用の希望レートが見合わず出合いづらかったようです。ユーロ円金先は株安/債券高の外部環境に支えられ底堅い推移し、インフレによる金利上昇への思惑はくすぶるものの、根強い日銀の政策金利の据え置き予想です。中心限月は前週末清算値比1.5ティック高の99.025での推移です。
証券情報 
2008.05.25.Sun / 10:37 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
日経平均株価は小幅続伸 
2008.05.23.Fri / 19:12 
<国内株式市場>
日経平均 14012.20円(33.74円高)

      13925.38円─14157.24円 出来高 21億9947万株


 国内株式市場では日経平均が小幅続伸です。終値で1万4000円台を回復ましました。米国株の下げ止まりやドル高/円安を受けて先物買いが先行したほか、現物市場でも出遅れていたハイテク株などが買われ、一時は1万4100円台まで上値を伸ばしました。しかし、大引けにかけては週末の手仕舞い売りで伸び悩みました。


<外国為替市場>           17時時点
 ドル/円  103.85/90円   ユーロ/ドル 1.5720/25ドル

 ユーロ/円 163.30/36円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅円高の103円後半で取引されています。前日海外で強まったドル買いは一服となり、この日の東京市場は狭いレンジ内のもみあいとなりました。夕方の取引では、米独金利の低下がドル/円やクロス円の売りを誘発しましたが、週明け26日が英米ともに休場となるため、連休前のポジション調整に伴う一時的な動きではないかとの声が出ています。


<短期金融市場>         18時時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.502%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.585%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.020(─0.025)

             安値─高値    98.995─99.025


 無担保コール翌日物金利は0.50─0.505%を中心に推移しました。日銀の緩め調節を受けて調達を急ぐ動きは見られず、総じて落ち着いた展開でした。0.50%では邦銀勢の調達意欲が示されていました。6月税揚げを越える2週間物が0.56─0.57%付近、26日スタートの翌日物が0.51%付近で出合いを付けました。日銀が午後に実施した2本の共通担保資金供給(本店)オペ結果は無難な内容です。案分落札金利は5月26日─6月11日分は0.540%、5月26日─6月17日分は0.550%で、ユーロ円3カ月金利先物市場は債券安を受けて続落しました。
米週間失業保険申請件数が減少 
2008.05.23.Fri / 07:40 
<米株式市場>
米週間失業保険申請件数が減少し、NY原油が反落したことがサポートとなり、米株式市場は3日ぶりの反発となりました。原油の反落によりエクソンなどの石油や、資源関連の下げが目立ちました。S&P500 6月限は1390台と小幅レンジ内をまちまちに推移しました。NYダウは12,625.62ドル、プラス24.43です。


<米為替市場>
本日発表された新規失業保険申請件数の結果が好感されたことや、FRBが今年中に利上げに転じるとの見方が広がりドルが堅調に推移しました。また、原油が下落したこともサポートとなったようです。ドル/円は104円を回復し、現在も104.25付近で堅調に推移しています。ユーロ/ドルは原油の下落を受け軟調、現在も1.57付近での推移となっています。また、金利差を背景に豪ドルやニュージーランドドルの対ドルでの上昇も目立ちました。
無担保コール翌日物の取引中心金利は0.50─0.505% 
2008.05.22.Thu / 18:17 
<国内株式市場>
日経平均 13978.46円(52.16円高)

      13658.02円─13984.81円 出来高 23億2225万株


 国内株式市場では日経平均が小反発です。前場は米国株安や円高/ドル安、原油高を背景に海外勢が売りに回り、一時は200円を超える大幅安となりました。しかし、売り一巡後は銀行など内需株から買い戻しが入り始め、徐々に商社株などに広がりました。ファンドによる債券先物売り/株式先物買いも入ったとみられ、日経平均は後場に切り返して1万4000円に迫りました。


<外国為替市場>       15時時点
ドル/円  103.03/08円   ユーロ/ドル 1.5775/80ドル

 ユーロ/円 162.57/62円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点とほぼ変わらずの103円付近で取引されています。原油高や株安、米利上げ期待のはく落などを手掛かりとするドル売りの流れが東京市場も続き、ドルは午前に一時1週間半ぶりのドル安/円高水準を更新しましたが、売りが一巡した午後には、一段のドル売り手掛かりに乏しいとの見方から、小口の買い戻しが先行しました。午前に一時1カ月ぶり高値をつけたユーロ/ドルも午後には反落しました。


<短期金融市場>      15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.50─0.505%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り      ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.045(─0.020)

             安値─高値    99.040─99.060


 無担保コール翌日物の取引中心金利は0.50─0.505%となりました。証券勢が0.51%付近で調達する場面もありましたが、総じて落ち着いた展開です。準備預金の積みを進めたい邦銀勢は午後に入り0.5%を割り込んで調達しました。23日スタートの翌日物は0.51%付近の出合いで、日銀が午後に実施した共通担保資金供給(本店)オペ(5月23日─6月6日)と同(全店)オペ(5月26日─8月21日)の案分落札金利は0.550%と0.570%となり、前回に比べて横ばいです。ユーロ円3カ月金利先物市場は軟調に推移し、前日米債市場で短期ゾーンを中心に売られたことを受けて売りが先行しました。中心限月08年12月限は一時前日清算値に比べて2.5ティック安の99.040に下落しました。
米株式市場は総じて大幅続落 
2008.05.22.Thu / 07:36 
<米株式市場>
FOMC議事録で政策金利の一連の引下げは終ったとの見方が広がり、またNY原油が大幅上昇したことから、消費者の可処分所得の減少の懸念も広がり、米株式市場は総じて大幅続落となりました。燃料コスト高によりユナイテッドなど航空関連の下げが目立ちました。S&P500 6月限は1390台を推移。NYダウは12,601.19ドル、マイナス227.49です。
 

<米為替市場>
欧州時間に発表された独IFO景気動向の結果が好感され、また原油高もサポートしユーロ/ドルは1.5790付近まで値を伸ばし、現在も堅調に推移しています。ドル/円はNYダウの下落を受け円買いが先行したことで軟調に推移し、現在も103円付近で下値を探る動きとなっています。FOMC議事録ではインフレリスクについて懸念される内容となり、次回の金利据え置き観測は強まったようです。
日経平均株価は大幅続落 
2008.05.21.Wed / 18:49 
<国内株式市場>
日経平均 13926.30円(233.79円安)

      13847.18円─14041.24円 出来高 23億6486万株


 国内株式市場では日経平均が大幅続落です。一時は300円を超える下げとなり、終値でも13日以来の1万4000円割れとなりました。高値警戒感が強まっていたところに米国株安やドル安/円高の進行が重なり、海外勢の売りが強まったほか、先物売りも加速して日経平均の下げ幅を広げました。引けにかけては短期筋の買い戻しが入って下げ渋りました。


<外国為替市場>          17時時点
ドル/円 103.27/32 ユーロ/ドル1.5650/55

 ユーロ/円 161.61/72


 午後5時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点からドル安/円高の103円前半で取引されています。米原油先物CLc1が1バレル=130ドルに接近し、過去最高値を更新したことで、ドル売り安心感が広がりました。ユーロはアジア勢の買いを背景に堅調でした。ユーロは5月独IFO業況指数が市場予想を大幅に上回り103.5となったことで、一時約1カ月ぶりの高値となる1.5739ドルまで上昇しました。通貨オプション市場ではボラティリティが上昇し、市場の円高警戒感の高まりを示しています。
     

<短期金融市場>          17時5分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.503%

 3カ月物FB(政府短期証券)517回債

               流通利回り  0.575%(─0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.050(+0.015)

             安値─高値    99.045─99.070


 無担保コール翌日物は、日銀誘導目標(0.50%)に沿って落ち着いた推移でした。準備預金の積みの進ちょくが順調に進んでおり、レートを上げて資金を取り上がる動きはない一方で、0.50%を大きく割り込んでの低下もみられませんでした。財務省の3カ月物FBの入札結果は、最高落札利回り0.5864%と前回の0.5985%から低下しました。レポ金利の低下など外部環境の好転がレートの小幅低下につながったとみられています。ユーロ円金先は株安/債券高を受けて上昇です。日銀の利上げ見通しが立たないなかで金先は底堅い地合いですが、直近の相場急落の前の水準まで戻しており、この先の上昇速度は鈍くなるとの見方もありました。
信用収縮の懸念が再び台頭 
2008.05.21.Wed / 07:42 
<米株式市場>
NY原油が130ドルに迫り、信用収縮の懸念が再び台頭してきていることから、金融や住宅関連主導で、米株式市場は大幅下落となりました。米卸売物価指数のコアレートは0.4%と予想を上回り、インフレ懸念が出ていることも圧迫要因となりました。S&P500 6月限は1410台と急反落しました。NYダウは12,828.68ドル、マイナス199.48です。


<米為替市場>
史上高値を更新した原油を背景としたインフレ圧力の高まりから、ECBの金利据え置き観測が広がりユーロが堅調に推移しました。ユーロ/ドルは1.56後半まで値を伸ばし、現在も1.5660で堅調に推移しています。また、エネルギー価格の高騰による米景気後退が懸念されていることもユーロのサポート要因となっているようです。ドル/円は軟調なNYダウを受け急落、現在も103.65と軟調な動きとなっています。
メモリーカードの大手サンディスク社が石油価格の上昇により収益状況が芳しくない 
2008.05.20.Tue / 07:02 
<米株式市場>
先週の流れを引継ぎ一時は4ヶ月来の高値を探ったものの、デジタルカメラのメモリーカードの大手サンディスク社が石油価格の上昇により収益状況が芳しくないと伝えたことから、ナスダックが下落し、総じて上値が抑えられました。S&P500 6月限は1440台まで上昇したものの、結局小幅高で引けています。NYダウは13,028.16ドル、プラス41.36です。

  
<米為替市場>
本日唯一の経済指標だった景気先行指標総合指数が事前予想を上回ったことからドル買いへと反応し、その後も金融危機の最悪の事態は過ぎたとの見方からNYダウが上昇したことでドルは堅調に推移しました。ドル/円は104円半ばまで反発しましたが、現在はNYダウが戻していることもあり104.20付近での推移となっています。一方、ドルが底を売ったとの見方が増える中、ユーロ経済の後退が指摘されていることからユーロは軟調に推移し、ユーロ/ドルは1.55を挟んで軟調に推移しています。
日経平均株価は反発 
2008.05.19.Mon / 18:40 
<国内株式市場>
日経平均 14269.61円(50.13円高)

      14219.08円─14343.19円 出来高 22億3155万株


 国内株式市場で、日経平均は反発です。債券先物買い/株式先物売りや、上値の重さに目を付けたディーラーの売りなどで、日経平均は3営業日連続して1万4300円に上値を押さえ込まれました。ただ、海外勢に加えて国内機関投資家も少しづつ買いに動き始めており、実需買いに支えられて日経平均は小幅ながら上昇を確保しました。


<外国為替市場>         15時時点
ドル/円  104.10/15円   ユーロ/ドル 1.5580/85ドル

 ユーロ/円 162.13/22円


 午後3時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点とほぼ変わらず104円前半で取引されています。前週末海外でドルが売られた反動から、週明けの東京市場は序盤こそ買いが先行しましたが、主だった買い手掛かりがない中での上昇は午後に入って一巡しました。主要通貨は狭いレンジ内で上下する展開が続きました。今週は経済指標など目立った手掛かりがないだけに、市場では再び高値を更新した原油価格の行方などが、目先の焦点とする声が出ています。


<短期金融市場>        15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.504%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)       0.580%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.000(+0.010)

             安値─高値    98.990─99.005

 

 無担保コール翌日物はおおむね誘導目標に沿った展開でした。準備預金の積み初期段階にあたり、主に邦銀勢の資金需要がみられました。足元の金利低下傾向が鮮明となり、現金担保付き債券貸借(レポ)は取引水準が一段と低下しました。日銀は9日以来6営業日ぶりに即日吸収オペに踏み切りました。短期国債市場では、3カ月物政府短期証券(517回債、8月18日償還)が前週末比横ばいで取引されました。日銀が先日付で実施した共通担保資金供給オペ金利も下がりました。ユーロ円3カ月金利先物は、国債先物相場の上昇を背景に中心限月が小じっかりで推移しました。

デリバティブ応用 
2008.05.19.Mon / 07:43 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米株式市場、小売関連などの下げが目立 
2008.05.18.Sun / 19:30 
<米株式市場>
石油価格の上昇により消費者の石油関連以外への支出が減少するとのニュースにより小売関連などの下げが目立ち、米株式市場は総じて軟調に推移しました。またミ大の消費者信頼感指数が28年来の低水準に落込んでいることも圧迫要因となりました。S&P500 6月限は総じて軟調でしたが、引けにかけて1420台を強含みました。NYダウは12,986.80ドル、マオナス5.86です。


<米為替市場>
ミシガン大学消費者信頼感指数の結果が嫌気されたことや、原油の高騰を受け米経済が後退するとの見方が広がり、ドルは軟調に推移しました。また、4月に発表された雇用統計の結果が大幅に下方修正されるのではとの噂もドル売り要因となったようです。ユーロ/ドルは一気に1.56付近まで上昇し、現在も1.5590と高値圏での推移となっています。ドル/円は103円半ばまで急落し、現在は104.15付近まで反発しています。
無担保コール翌日物はおおむね誘導目標に沿って推移 
2008.05.16.Fri / 21:03 
<国内株式市場>
日経平均 14219.48円(32.26円安)

      14194.91円─14392.53円 出来高 22億7823万株


 国内株式市場で日経平均は5日ぶりに反落です。4日連騰の後で一服感が広がったほか、週末ということで手仕舞い売りが出ました。ただ、市場センチメントの改善を受けて堅調な地合いが持続するとの見方が強いようです。東証1部の売買代金は2兆6110億円にとどまった。業種別では海運が終日堅調だったほか、鉄鋼や証券などもしっかり。半面、空運や小売、不動産はさえない展開でした。


<外国為替市場>           17時時点
ドル/円  104.20/25円   ユーロ/ドル 1.5497/00ドル

 ユーロ/円 161.52/56円

    

 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から下落し、104円前半で取引されています。手掛かり難が続き、午前中から小動きの展開が続いていましたが、短期筋による週末を控えた調整のほか、前日105円台で売り切れなかった実需筋の売りがやや見られたということです。夕方にかけての取引では米系証券の売りが出たとみられています。


<短期金融市場>           
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.507%

 3カ月物FB(政府短期証券)       0.580%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   98.995(変わらず)

             安値─高値    98.980─99.020

 

 無担保コール翌日物はおおむね誘導目標に沿って推移しました。大手銀行などからの資金需要が支えました。現金担保付き債券貸借(レポ)金利も低位安定で推移しました。日銀が実施した国債買現先オペ(8000億円、6月20日期日)の落札金利は前回より小幅に下がりました。ユーロ円3カ月金利先物は、市場予想を上回った1─3月実質国内総生産(GDP)の発表直後や国債先物相場が急落した場面で軟化しましたが、取引一巡後は動意が和らぎました。
株式市場分析 
2008.05.16.Fri / 08:47 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米失業保険申請件数が増加 
2008.05.16.Fri / 07:55 
<米株式市場>
米失業保険申請件数の増加、NY連銀指数の下落などより、前半は軟調だったものの、その後はインテルなどの半導体関連や、宝石小売のティファニーの決算内容が予想を上回ったことなどより、米株式市場は総じて続伸しました。一方ではボラティリティが低下してきており、警戒する向きもあるようです。S&P500 6月限は1420台と大きく値を伸ばしました。NYダウは12,992.66ドル、プラス94.28です。


<米為替市場>
本日発表されたNY連銀指数やネットTICフロー合計などが予想を下回ったことでドルが売られる場面もありましたが、原油の急落を受けユーロ売りが先行し対ドルや対円で軟調に推移しました。また、エネルギー価格の高騰による米経済への懸念が後退したことでドルが強含み、ユーロ/ドルは1.54前半まで下落、現在も1.5460付近で軟調に推移しています。ドル/円は軟調なユーロ円の影響を受け上値の重い動きとなり、現在は104.60付近での推移となっています。
日経平均株価は4日続伸 
2008.05.15.Thu / 18:06 
<国内株式市場>
日経平均 14251.74円(133.19円高)

      14167.02円─14352.84円 出来高 24億4603万株


 国内株式市場で日経平均は4日続伸となり、1万4200円台半ばで大引けとなりました。先物主導で終日、堅調な展開となったほか、東証1部の売買代金も2兆9519億円と、前日に続き3兆円に迫るボリュームとなりました。一時、前日終値比で200円を超す上昇となりましたが、大引けにかけては短期資金の手じまい売りなどで伸び悩みました。業種別では鉄鋼や証券、銀行などが上昇し、半面、鉱業や情報・通信はさえない動きでした。


<外国為替市場>           15時時点
ドル/円  104.92/97円   ユーロ/ドル 1.5492/97ドル

 ユーロ/円 162.57/60円


 午後3時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から若干円高の104円後半で取引されています。前日海外から強まったドル買いの流れを受けて東京市場も序盤はドル買いが先行しましたが、105円台での戻り売り需要に押され、徐々に上値を切り下げました。明確な方向感を欠く市場では、欧米経済指標や株価をにらみつつ、ドルが105円以上を維持してNY市場の終盤を迎えるかどうかが注目されています。


<短期金融市場>           15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.523%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)       0.585%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   98.990(―0.025)

             安値─高値    98.975─99.020

 

 無担保コール翌日物金利は上昇しました。準備預金の積み最終日となり、主に大手銀行が金利水準を切り上げて資金を調達したことが主因のようです。外国銀行の調達水準も強含みました。現金担保付き債券貸借(レポ)金利の上昇には一服感が出始めたようです。ユーロ円3カ月金利先物は下落し、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ打ち止め観測が強まり、中心限月が4月30日以来約2週間ぶりの安値まで売られる場面がありました。財務省が実施した1年物割引短期国債(435回債、2009年5月20日償還)の落札利回りは07年10月以来6カ月ぶりの高さで、流通利回りは下がりました。
米消費者物価指数が予想を下回る 
2008.05.15.Thu / 07:48 
<米株式市場>
米消費者物価指数が予想を下回ったことが好感され、NYダウは3桁台の上昇となるなど、総じて堅調に推移しました。住宅ローンのフレディマック、デパートのメイシーズの決算内容が予想よりも良かったことから、両社の株価は急伸。S&P500 6月限は一時1420台まで上昇したものの、ナスダックの反落により上げ幅は限られました。NYダウは12,898.38ドル、プラス66.20です。

 
<米為替市場>
注目されていた米消費者物価指数はほぼ予想通りとなり反応は限定的だったものの、NYダウが大幅に上昇したことからリスク許容度が高まり、円売りが先行しました。これを受けドル/円は105円半ばまで上昇し、現在も105.15付近で堅調に推移しています。ユーロ/ドルはドル買いを受け現在も1.5460と1.55を回復できず、やや軟調な推移となっています。明日は為替報告書が公表される予定です。
日経平均株価は大幅続伸 
2008.05.14.Wed / 19:04 
<国内株式市場>
日経平均 14118.55円(164.82円高)

      13877.40円─14121.94円 出来高 22億1295万株


 国内株式市場で日経平均は大幅続伸です。1万4000円台を回復して大引けとなりました。午前中は前日終値を挟んでのもみあいとなりましたが、後場に入り先物に断続的に買いが入りました。金利上昇を受けた債券売りの加速があらためて意識されたことで株価指数先物買いが誘発されたとの観測が出ました。NTTがストップ高となったことも市場を活気づかせ、東証1部の売買代金は2兆8066億円と、3兆円に迫るボリュームとなりました。業種別では不動産や鉱業などの上昇が目立ち、銀行、証券、保険などの金融株は軟調でした。


<外国為替市場>           17時時点
ドル/円  105.15/20円   ユー/ドル 1.5410/15ドル

 ユーロ/円 162.10/12円

     

 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から上昇、105円前半で取引されています。夕方にかけての取引で、ユーロ/ドルは1.5480ドル付近から急落し、その後も売り地合いが続いており1.5400ドル付近でもみあっています。こうした流れを受け、ユーロは対円でも売られました。対照的にドルは対円で一時105.21円をつけました。目先のターゲットは5月初旬につけた105.70円とされています。


<短期金融市場>           
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.519%

 3カ月物FB(政府短期証券)515回債流通利回り  

                      0.585%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   98.985(―0.080)

             安値─高値    98.980─99.050

 

 ユーロ円3カ月金利先物は主に期先物が売られました。前日の海外市場で米地区連銀総裁らがインフレリスクへの警戒姿勢を示したため、米利下げ打ち止め観測が広がり、国債先物相場が急落しました。これにより、ポジションの圧縮が相次ぎました。財務省が実施した3カ月物政府短期証券(517回債、8月18日償還)の落札利回りは約2カ月ぶりの高さとなり、準備預金の積み最終日を控えた資金需要が残り、無担保コール翌日物金利は誘導目標を上回って推移しました。日銀は、2営業日連続して3000億円を市場に即日供給しました。
オイル・ショック 
2008.05.14.Wed / 08:30 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
ヤフー株が急伸するなどナスダックが堅調 
2008.05.14.Wed / 07:46 
<米株式市場>
ヤフー株が急伸するなどナスダックが堅調となる一方、NYダウは軟調に推移し、S&P 500は総じて軟調ながらもまちまちとなりました。クリアーチャンネル社の買収のニュースもはやされました。S&P500 6月限は1400の大台をはさんで、小動きに推移しました。NYダウは12,832.18ドル、マイナス44.13です。


<米為替市場>
朝方発表された米小売売上高が事前予想を上回ったことで、利下げが一旦終了したとの見方が強まりドル買いが優勢となりました。ドルの楽観視を受けキャリートレードが再開しつつあり、ドル/円は105円目前まで上昇し、現在も104.80付近で堅調に推移しています。ユーロ/ドルは原油の上昇を背景に強含む場面もありましたが失速、現在は1.5480付近での推移となっています。明日の消費者物価指数に注目です。
日経平均株価は大幅続伸 
2008.05.13.Tue / 18:30 
<国内株式市場>
日経平均 13953.73円(210.37円高)

      13734.50円─13976.92円 出来高 19億0673万株


 国内株式市場で日経平均は大幅続伸です。終値で前日比200円を超す上昇となり、1万3900円台半ばで大引けとなりました。円安を好感し、朝方からハイテクや輸出株を中心に幅広く買われました。株価指数先物買い・債券先物売りの動きが観測されるなど先物主導の展開ながら、欧州勢やアジア勢などから実需の買いも入ったということです。12日に起きた中国・四川大地震の株式市場への影響が限定的とみられることなどから後場に買い戻しが加速し、上昇幅を拡大しました。業種別では海運や非鉄金属、機械などが堅調で、石油・石炭や鉄鋼はさえない動きでした。


<外国為替市場>         15時時点
ドル/円  103.72/75円   ユーロ/ドル 1.5550/55ドル

 ユーロ/円 161.29/35円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅安の103円後半で取引されています。日経平均株価が堅調だったことからクロス円がしっかりした値動きを見せながらも、方向感を探る動きで午後はもみあう展開となりました。市場の関心は、きょう発表の欧米の経済指標と株価などに向けられているようです。


<短期金融市場>         15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.513%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.580%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.065(―0.005)

             安値─高値    99.055─99.070

 

 無担保コール翌日物はやや強含みました。準備預金の積み最終日を控えた資金需要の高まりが背景のようです。現金担保付き債券貸借(レポ)金利が高止まりしたことも響きました。大手銀行が誘導目標を上回る調達希望を示したことを受け、日銀は4月30日以来約2週間ぶりに3000億円を即日供給する措置に踏み切りました。国債買現先オペ(8000億円、6月5日期日)の落札水準は按分レートが0.570%となり、前日実施した同オペ(6000億円、6月4日期日)と同じでした。ユーロ円3カ月金利先物は小動きで推移しました。

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。