ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年05月の記事一覧
≪04month
This 2008.05 Month All
06month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NYダウは3桁台の上昇 
2008.05.13.Tue / 07:07 
<米株式市場>
信用収縮の懸念が再び台頭する中、米大手債券保証会社のMBIAが十分な流動性を確保しているとの伝えたことより、NYダウは3桁台の上昇となりました。業種別では小売関連の上昇も目立ちました。S&P500 6月限は1400の大台を回復し、NYダウは12,876.31ドル、プラス130.43です。

 
<米為替市場>
依然としたユーロ圏でのインフレ懸念を背景にユーロが堅調に推移しました。対ドルでは1.55半ばまで値を伸ばし、現在も1.5540付近で堅調に推移しています。ドル/円はドル安を受け押される場面も見られましたが、NYダウが大幅に上昇したことで堅調に推移し、現在は103.90付近で推移しています。ユーロが堅調に推移する一方で、ユーロ高への牽制の声やユーロ圏の弱気な経済指標が懸念されており、金利スタンスが中立になったドルの地合いが高まっているようです。
 
日経平均株価は3日ぶりに反発 
2008.05.12.Mon / 18:32 
<国内株式市場>
日経平均 13743.36円(88.02円高)

      13540.68円─13793.41円 出来高 15億9980万株


 国内株式市場で日経平均は3日ぶりに反発です。午前は円高・原油高と前週末の米株安を嫌気して売り先行となりましたが、午後、為替が円安基調に傾くと先物に大口の買いが断続的に入りプラス圏に転じました。25日線水準となる1万3500円が意識されとの観測が出たようです。ただ、為替以外に特に買い材料は見当たらず、先物主導の上げとなりました。業種別では食品や医薬品の上昇が目立ちました。鉄鋼や証券、非鉄金属、銀行、自動車はさえない展開でした。


<外国為替市場>          15時時点
ドル/円  103.31/36円   ユーロ/ドル 1.5390/95ドル

 ユーロ/円 159.09/14円


 午後3時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点からドル高が進み、103円前半で取引されています。序盤は前週末海外の流れを引き継ぎドル安/円高が進行しましたが、相次ぐ英欧大手金融機関の決算発表を前に、ポジション調整とみられるドルの買い戻しが次第に強まりました。


<短期金融市場>          15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.510%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ――

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.065(―0.005)

             安値─高値    99.055─99.090


 無担保コール翌日物がやや強含みました。積み最終要因に加えて国債発行要因が重なり、現金担保付き債券貸借(レポ)金利が小幅上昇したことが主な要因のようです。取引水準は、午後にかけて切り上がりました。日銀は即日実施のオペを見送りました。国債買現先オペ(6000億円、6月4日期日)や本店方式による共通担保資金供給オペ(1兆円、30日期日)の落札金利は、案分レートが0.570%に上がりました。短期国債市場では、1年物割引短期国債(TB)流通利回りが上昇しました。都内で講演した白川方明・日銀総裁発言を受けてユーロ円3カ月金利先物が買い戻される場面もありました。
マーケット展望 
2008.05.12.Mon / 07:39 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米大手保険会社のAIGの2期連続の損決済 
2008.05.10.Sat / 20:44 
<米株式市場>
米大手保険会社のAIGの2期連続の損決済のニュースより金融関連主導で軟調な動きとなりました。NY原油が高値を更新するもエクソン株は下落するなど、商品系のラリーもそろそろ終わりかとの見方が上値を重くしました。ダウは100ポイント以上の下げとなるも、S&P500 6月限は1380台と下げ幅は限られました。NYダウは12,745.88ドル、マイナス120.90です。


<米為替市場>
信用危機の広がりを背景にリスク回避の動きから円買いが先行し、102.60付近まで下落したドル/円は、その後発表された米貿易収支が事前予想を上回ったことで一時的にドルが反発する場面もありましたが、NYダウが軟調に推移したことも圧迫要因となり総じて軟調な動きとなりました。現在は103円を挟んでの推移となっています。ユーロ/ドルはドル安を受けて1.5485と上値を伸ばしています。
米株式市場は総じて反発 
2008.05.09.Fri / 07:41 
<米株式市場>
前日の急落より一転して、石油、資源関連の上昇が目立つ中、米株式市場は総じて反発する動きとなりました。週間失業保険申請件数が予想以上に減少したこと、米卸売在庫が予想に反して減少したことなどもサポートとなりましたが、値動きは前日のレンジ内となり、S&P500 6月限は1400台では抵抗にぶつかりました。NYダウは12,866.78ドル、プラス52.43です。

 
<米為替市場>
ユーロが政策金利を据え置き、トリシェECB総裁が強気なコメントをだしたことでユーロ/ドルが急反発し、一時1.5440まで値を伸ばし現在も1.54を挟んで底堅く推移しています。また、本日発表された卸売売上高が事前予想を下回ったこともドル安要因となり、ドル/円は104円を割り込むなど総じて軟調な動きとなりました。現在も103.90付近で上値が重い状態となっています。しかし一方では、ユーロ高に対する懸念の声もあることから、ユーロ/ドルの上昇は限られるのではとの見方が多いようです。
無担保コール翌日物は、0.49─0.50%付近で安定した取引 
2008.05.08.Thu / 18:18 
<国内株式市場>
日経平均 13943.26円(159.22円安)

      13930.28円─14036.31円 出来高 18億7535万株


 国内株式市場で日経平均は3営業日ぶりに反落し、終値で1万4000円を割り込みました。原油先物の上昇でインフレや金利上昇への懸念が高まり米株が大幅下落し、テクニカル的な過熱感が出ていた中で、上昇相場をけん引してきた銀行株や不動産株に利益確定売りが先行しました。ただ中小型株や資源関連株の一角にはアジア勢など海外投資家の買いも入り、比較的底堅い展開となりました。


<外国為替市場>           15時時点
ドル/円  104.35/40円   ユーロ/ドル 1.5320/25ドル

 ユーロ/円 159.94/01円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から円高が進み、104円前半で取引されています。欧州中央銀行(ECB)理事会をきょうに控え、ユーロ圏経済指標の下振れなどをきっかけに前日海外市場で強まったユーロ売りの流れが東京市場でも続きました。ユーロ/ドルは2カ月ぶり安値となる1.5285ドルまで一時下落し、ユーロ/円も3週間ぶり円高水準となる159.60円まで売られました。


<短期金融市場>          16時30分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.49─0.50%

 3カ月物FB(政府短期証券)514回債

               流通利回り  0.580%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.065(+0.040)

             安値─高値    99.030─99.070


 無担保コール翌日物は、0.49─0.50%付近で安定した取引が続きました。朝方に2000億円の即日資金供給が実施されましたが、少し緩んでいた需給を中立に引き締める程度のものにとどまり、レートが大きく誘導目標(0.50%)から外れることはなかったようです。連休前の積極供給を経て資金余剰感が強まりやすくなっており、来週の積み最終日にかけてはきつめの調節が続く可能性が高いとみられています。コールのターム物取引でもレートは低下傾向をたどっており、1週間物で0.5%前半から半ばの推移です。ユーロ円金先は底堅い地合いでした。
株式市場データ 
2008.05.08.Thu / 17:35 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
SECが投資銀行に対して規制強化を行うとの見通し 
2008.05.08.Thu / 07:04 
<米株式市場>
SECが投資銀行に対して規制強化を行うとの見通しより、金融関連の下落が目立ち、総じて大幅下落となりました。ドル高を受けてNY金が下落し、資源関連が下落し、燃料コスト増によりUPSなどの物流関連の下げも目立ちました。ウォルトディズニー、シスコシステムズは好決算を発表。S&P500 6月限は1400の大台を割込みました。NYダウは12,814.35ドル、マイナス206.48です。


<米為替市場>
朝方発表された非農業部門労働生産性が好感されドル買いへと反応し、ドル/円は105.60付近まで上値を伸ばすも、NYダウが大きく下落したことで円買いが優勢となり、現在は104.75付近で軟調に推移しています。一方、ユーロ圏の弱気な経済指標を受け軟調に推移していたユーロに対して、インフレ圧力を背景に利上げ観測が台頭したドルは強含み、ユーロ/ドルは1.5365付近まで下落、現在は1.54を挟んでの推移となっています。
日経平均株価は続伸 
2008.05.07.Wed / 18:55 
<国内株式市場>
日経平均 14102.48円(53.22円高)

      14022.79円─14208.67円 出来高 21億1908万株


 国内株式市場で日経平均は続伸です。米株や為替など外部環境の落ち着きを好感して幅広く買いが入りましたが、上値では利益確定売りも出て頭を抑えました。欧州系資金など海外勢の買いは引き続き入っていますが、国内勢の動きが鈍いようです。原油が一段高となっていることで大手商社や資源開発、石油など関連株に買いが集まりました。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円  105.03/05円   ユーロ/ドル 1.5496/98ドル

 ユーロ/円 162.76/81円


 午後5時のドル/円は前日NY市場の午後5時時点から上昇し、105円前半で取引されています。海外勢の積極的な買いで一時105.29円を付けました。ただ、オプション絡みの売りも見られているようです。その上でユーロ/ドルに関してユーロ高が進み過ぎており、上値を追いにくく、かといってドルも積極的に買いにくいようで、レンジ内の値動きが続くとの見方を示しています。


<短期金融市場>         18時10分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.504%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.575%(─0.005) 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.025(変わらず)

             安値─高値     99.010─99.030


 無担保コール翌日物は落ち着いた展開になりました。朝方は、証券や外銀を主な取り手に0.525─0.53%付近で出合いを付けましたが、調達一巡後は軟化しました。午後にかけては邦銀勢が0.50%を中心に調達しました。ただ、大型連休明けで資金需要が一服していることに加え、準備預金の積みが順調なことから、午後終盤には邦銀勢が調達希望金利を切り下げる場面がありました。日銀が午後に実施した期間2週間程度の共通担保資金供給(本店)オペ(5月8日─5月21日)の案分落札金利は0.550%と4月30日の同オペ(5月1日─5月22日)の0.560%に比べて小幅低下です。同時に実施した3カ月物の同オペ(5月9日─8月11日)は0.570%と前回に比べて横ばいで推移しました。ユーロ円3カ月金利先物市場は下落し、薄商いの中、株高/債券安を受けて売りが優勢でした。
国際情勢とマーケット動向 
2008.05.07.Wed / 08:23 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米株式市場は総じて反発 
2008.05.07.Wed / 07:33 
<米株式市場>
朝方はUBSの損失ニュースより欧州市場の下落を受けて軟調でしたが、住宅ローン大手のファニーメイ社の増資、NY原油の高値更新などより金融、石油関連の上昇が目立ち、米株式市場は総じて反発する動きとなりました。S&P500 6月限は一時1420台と4ヶ月ぶりの高値を探る動きとなりました。NYダウは13,020.83ドル、プラス51.29です。

 
<米為替市場>
史上高値を更新した原油やファニーメイの決算が嫌気されドルは軟調な動きとなりました。欧州時間の流れを引継ぐ形で、ドル/円は下値を探る動きとなりましたが、104円付近ではサポートされ現在は104.85付近まで反発しています。ユーロ/ドルはドル安を受け1.56を試すも伸び悩み、現在は1.5520まで反落しています。住宅市場や経済成長の更なる後退により、高利回り資産からの資金流出が懸念されており、ドルの地合いは再び弱くなっているようです。
マイクロソフトのヤフー買収が交渉決裂 
2008.05.06.Tue / 16:56 
<米株式市場>
マイクロソフトのヤフー買収が交渉決裂となり、ヤフー株が急落し、米住宅ローン大手のカントリーワイド社の格付けが引下げられたことなどより米株式市場は総じて軟調な動きとなりました。S&P500 6月限は下落したものの、1400の大台付近ではサポートされました。NYダウは12,969.54ドル、マイナス88.66です。
 

<米為替市場>
本日発表されたISM非製造業景況指数の好結果が好感され、一時的にドルが強含む場面もありましたが、原油高などインフレ圧力の高まりを背景にECBが金利を据え置くとの見方が広まり、ドル売りが優勢となりました。ユーロ/ドルは堅調に推移し、現在は1.55を挟んでの推移となっています。一方ドル/円は一時的に105.60付近まで上昇するも、NYダウが軟調に推移したことも圧迫要因となり反落、現在は104.80付近での推移となっています。
米就業者数は2万人減と事前予想の7.5万人減よりも良 
2008.05.03.Sat / 12:24 
<米株式市場>
米就業者数は2万人減と事前予想の7.5万人減よりも良かったことがはやされ、NYダウは一時3桁台の上昇となるなど、米株式市場は総じて続伸しました。価格高騰の影響で石油関連の各社の決算内容も良く、商品関連の上昇する一方、テクノロジー関連の下げが目立ちました。S&P500 6月限は1420台まで上昇するも、上値は限られました。NYダウは13,058.20ドル、プラス48.20です。


<米為替市場>
雇用統計や失業率が事前予想を上回る好結果となったことで、労働市場に対する懸念が後退しドルが急伸しました。ドル/円は一気に105.60付近まで上昇し、その後はNYダウが下げに転じたことで押される場面も見られましたが、現在も105.35と105円台を維持しています。ユーロ/ドルは1.5360まで下落し、現在も1.54を挟んで軟調に推移しています。FOMCや雇用統計といったイベントをこなし、また週末ということもあり現在は膠着状態となっています。
無担保コール翌日物金利は弱含み 
2008.05.02.Fri / 18:33 
<国内株式市場>
日経平均 14049.26円(282.40円高)

      13944.26円─14072.92円 出来高 17億1694万株


 東京株式市場では、日経平均が大幅反発です。米国株高やドル高/円安基調の為替を背景に寄り付き後まもなく1万4000円台を回復し、後場に入ると債券先物売り/株式先物買いも加わって、上げ幅は一時300円を超えました。ただ、連休を控えていることに加え、2日は米雇用統計の発表も予定されており、1万4000円台では伸び悩みました。


<外国為替市場>       15時時点
ドル/円 104.65/70円   ユーロ/ドル 1.5460/65ドル

 ユーロ/円 161.76/87円

午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から、小幅高の104円後半で取引されています。上値を抑えられていましたが、午後4時前に一時105円を回復しました。市場の関心は、きょう発表される4月米雇用統計に向けられている一方、商品価格の上昇を背景に、ブラジルレアルやメキシコペソMXNなど中南米通貨の足元での強含みが目立っているようです。


<短期金融市場>       16時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート)  0.4%台

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.580%(変わらず) 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.025(─0.025)

             安値─高値     99.010─99.040


 無担保コール翌日物金利は弱含みです。資金余剰感が浮上する中、日銀は午前と午後の定例調節で、手形売出オペを通告して、総額8000億円を吸収し、金利低下をけん制しました。しかし、準備預金の積み進ちょくが進展している邦銀勢の調達意欲が後退していることに加えて、円転コストが低下している外銀勢も目立った調達が見られず、午後に一時0.3%台半ばの水準まで急低下し、その後は調整的な調達が見られ、0.4%台に上昇しました。連休明け7日スタートの翌日物金利は0.51─0.53%付近で推移しました。レポGC金利は9日スタートの翌日物金利は0.52─0.53%です。ユーロ円3カ月金利先物市場は反落し、米雇用統計を控えて持ち高調整売りに押されました。
マーケット四季報 
2008.05.02.Fri / 08:40 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
テクノロジー関連などの決算内容が予想を上回る 
2008.05.02.Fri / 07:51 
<米株式市場>
NY原油やメタル系の価格急落により商品関連が下落するも、テクノロジー関連などの決算内容が予想を上回り、またクウェートの政府系ファンドが金融系への投資を増やすとの意向を示したことなども好感され、米株式市場は総じて急伸しました。明日は米雇用統計の発表が予定されています。S&P500 6月限は1410台を探る動きとなりました。NYダウは13,010.00ドル、プラス189.87です。


<米為替市場>
PCEコアデフレータやISM製造業景況指数が好感されたことや、FRBによる利下げが一段落したとの見方が先行しドルが続伸しました。特に対ユーロでは1.55を割り込み、現在も1.5450付近で軟調に推移しています。またユーロ/ドルの下落を受けユーロ/円も軟調に推移しました。NYダウが堅調に推移したこともあり、ドル/円は104円半ばまで回復し105円を覗う動きとなっています。欧州圏の弱気な経済指標などを受け、ユーロの売り圧力が強まっているようです。明日の雇用統計に注目です。
無担保コール翌日物は午後に入り弱含みです 
2008.05.01.Thu / 18:10 
<国内株式市場>
<株式市場>

 日経平均 13766.86円(83.13円安)

      13727.07円─13884.63円 出来高 17億0046万株


 国内株式市場では、日経平均が続落です。米連邦公開市場委員会(FOMC)では、期待されていた利下げ打ち止め感が出なかったことで米景気に対する楽観論を強めることができず、上値への手がかりをつかめなかったことから高値圏にあった銀行株などに対する利食い売りが先行しました。ただ、FOMCのステートメントは景気認識を一歩前進させており、市場の楽観論も消えたわけではないようです。このため日経平均の下値は限られ、1万3700円台で下げ渋りました。


<外国為替市場>         15時時点
ドル/円 103.75/80円   ユーロ/ドル 1.5625/30ドル

 ユーロ/円 162.12/18円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から、小幅安の103円後半で取引されています。米利下げの早期打ち止めを根拠としたドルの買い戻しは収束、午前中から軟調な地合いが続いています。また、2日発表の米雇用統計を控え、様子見ムードが強まるなか、クロス円を中心に休暇前のポジション調整的な売りが出ました。


<短期金融市場>         15時40分
無担保コール翌日物金利(主な取引レート)  0.50─0.51%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.575%(変わらず) 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.050(+0.065)

             安値─高値     99.045─99.070


 無担保コール翌日物は午後に入り弱含みです。取引中心金利は0.50─0.51%付近で推移しました。連休の谷間で資金の出し手に慎重姿勢が見える中、朝方は邦銀勢の積み需要が示されてしっかりと推移しました。ただ、出し手の資金繰りが固まった午後には、邦銀勢が0.4%台後半で調達するなど水準が切り下がりました。2日スタートの翌日物金利は0.51─0.52%付近の出合いです。財務省が午後に発表した3カ月物政府短期証券(FB)入札結果で、最高落札利回りは0.5856%と前回債(0.5864%)に比べて小幅低下しました。4月からの入札ラッシュで荷もたれ感があったようですが、一定の投資家需要に支えられました。入札結果発表後の流通市場で新発FBは0.58%台で少額の出合いを付けました。ユーロ円3カ月金利先物市場は大幅続伸し、中心限月08年12月限は一時前日清算値に比べて8.5ティック高の99.070に上昇しました。日銀展望リポートを受けて買い戻しが入りました。
株式情報宝庫 
2008.05.01.Thu / 08:32 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
FOMCでは米政策金利は0.25%引下げ 
2008.05.01.Thu / 07:48 
<米株式市場>
FOMCでは米政策金利は0.25%引下げられ、発表前までは好調な経済指標がはやされ堅調な動きでしたが、その後は総じて軟化する動きとなりました。金融危機、景気後退の回避のための利下げの実施も、高騰する石油価格などのインフレ懸念も根強く、市場の反応もまちまちでしたが、引けにかけては軟化しました。S&P500 6月限は1380台を推移。NYダウは12,820.13ドル、マイナス11.81です。


<米為替市場>
本日発表されたADP雇用統計や実質GDPは事前予想を上回ったものの、FOMCを控え特に目立った反応はなく小幅レンジでの推移でしたが、0.25%の利下げの実施を受けドル売りへと反応しました。依然とした追加利下げの可能性が背景にあるようです。ドル/円は再度104円割れを見せるなど現在も104円を挟んで軟調に推移しています。ユーロ/ドルは1.56台を回復し、現在は1.5620付近で推移しています。
 

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。