ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年04月の記事一覧
≪03month
This 2008.04 Month All
05month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無担保コール翌日物の取引中心金利は0.53%付近 
2008.04.30.Wed / 18:55 
<国内株式市場>
日経平均 13849.99円(44.38円安)

      13766.24円─13976.10円 出来高 21億5434万株


 国内株式市場では、日経平均が小反落です。予想より弱かった3月の鉱工業生産を嫌気して軟調にスタートしたものの、銀行株への買い戻しが続いたことが関係者の安心感につながり、売り一巡後は戻り歩調となりました。一方で米連邦公開市場委員会(FOMC)のステートメント発表を控えたイベント警戒感から上値にも慎重となり、前日終値付近でもみあう展開が続きました。売り買いが交錯して東証1部売買代金は2兆9070億円に膨らみました。


<外国為替市場>         15時時点
ドル/円 103.83/86円   ユーロ/ドル 1.5582/87ドル

 ユーロ/円 161.83/88円

午後3時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から若干ドル安/円高の103円後半で取引されています。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やユーロ圏4月の消費者物価指数(CPI)を今夜に控えて薄商いのなか、資本筋によるドル売り/円買い、ユーロ売り/円買いや、銀行筋による短期的なドル買い持ちポジションの解消などが散見されました。


<短期金融市場>         16時26分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート)  0.53%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.575%(─0.005) 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.030(+0.125)

             安値─高値     98.950─99.030


 無担保コール翌日物の取引中心金利は0.53%付近となりました。月末要因や大型連休の谷間で資金の出し手が慎重になる中、準備預金の積みを進めたいとする邦銀勢から資金調達意欲が示され、日銀は朝方の定例調節で3000億円を即日供給して金利上昇をけん制しました。出し手の資金繰りが固まった午後には徐々に落ち着きを取り戻し、調達希望金利は0.50%付近まで低下しました。レポGC金利は低下。7日スタートの翌日物金利は0.56─0.57%付近で推移しました。ユーロ円3カ月金利先物市場は大幅反発です。中心限月08年12月限は一時前営業日清算値に比べて12.5ティック高の99.030に上昇しました。朝方に発表された3月鉱工業生産が市場予想を下回ったことを受けて国内景気先行きに対する慎重な見方が台頭し、日銀が午後3時に公表した展望リポートが景気下振れリスクに言及したことで、当面金利正常化の再開は困難との思惑から買いが入りました。
スポンサーサイト
株価情報 
2008.04.30.Wed / 08:49 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米住宅価格の下落傾向が止まらず 
2008.04.30.Wed / 08:00 
<米株式市場>
米住宅価格の下落傾向が止まらないことや、最近のメタル価格の下落や、本日のNY原油の急落などより資源、石油関連の下げが目立ち、米株式市場は総じて軟調な動きとなりました。S&P500 6月限は最近のレンジ内の動きとなり、1390台を推移しました。NYダウは12,831.94ドル、マイナス39.81です。

 
<米為替市場>
朝方発表されたS&P/ケースシラー住宅価格が予想を下回ったことでドル売りが先行しましたが、その後の米消費者信頼感指数が好感されドルは反発しています。また、FRBによる利下げが今回で一旦終了するとの見方も背景にあるようです。ドル/円は一時103円前半まで下落したものの、現在は104円を挟んでの推移となっています。ユーロ/ドルは一時1.56台を回復しましたが、再び1.5565と下落しています。またBOEが景気後退を背景に利下げの可能性について示唆したことで、ポンドの下落も目立っています。
バフェットが大手製菓会社の買収への資金援助 
2008.04.29.Tue / 12:52 
<米株式市場>
バフェットが大手製菓会社の買収への資金援助を行う、また米大富豪カーコリアンがフォード社の株買いを行うなどのニュースがサポートとなり、米株式市場は総じて堅調な動きとなりましたが、引けにかけて小幅下落です。今週後半にかけてはFOMCを初めてとして、重要経済指標も控えています。S&P500 6月限は堅調ながらも、引けにかけてはまちまちとなりました。NYダウは12,871.75ドル、マイナス20.11です。


<米為替市場>
今回のFOMCで利下げの終了を示唆するのではとの思惑が先行し、為替市場は全体的に小動きとなりました。ドル/円はじり安となり、現在は104.15付近で推移しています。但し、まだ信用収縮は収まっていない、またECBは物価の安定に重点を置いていることからしばらくは利下げを行わないとの見方も多く、ドルとの金利差を背景にドル売り圧力も依然としてあるようです。現在ユーロ/ドルは1.5650付近でじり高となっています。
無担保コール翌日物の加重平均金利は0.515% 
2008.04.28.Mon / 22:03 
<国内株式市場>
日経平均 13894.37円(30.90円高)

      13745.61円─14003.28円 出来高 20億3740万株


 国内株式市場では、日経平均が小幅続伸です。サブプライム問題が最悪期を脱したのではないかとの期待感や債券先物売り/株式先物買いポジションの巻き戻しで、一時は1万4000円台を回復しました。みずほフィナンシャルグループが一時ストップ高するなど、銀行株への買い戻しも強まりました。しかし、高値警戒感から1万4000円前後では戻り売りや利食い売りが出て日経平均は押し戻されました。売り買いが交錯したことで、東証1部売買代金は2兆8262億円に膨らみました。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 104.57/62円   ユーロ/ドル 1.5633/38ドル

 ユーロ/円 163.48/52円


 午後5時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から上昇、2カ月ぶりの高値水準となる104円後半で取引されています。ユーロ/ドルは、朝方から緩やかに回復していたが、夕方にかけての取引で下落しました。鈍化したブランデンブルク州やザクセン州などの消費者物価指数(CPI)の発表をきっかけにユーロ売りに傾いたと見られています。その後、オーストリア中銀主催の会合に出席しているトリシェ欧州中銀(ECB)総裁の発言もあり、比較的大きな値動きとなっているようです。


<短期金融市場>         17時30分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.515%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り       ──(出合いなし) 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    98.910(─0.015)

             安値─高値     98.885─98.960


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.515%と連休の谷間で資金の出し手が慎重になる中、朝方から準備預金の積み需要を背景に邦銀勢からの調達意欲がしっかりと示されました。日銀は朝方の定例調節で3000億円を即日供給して金利上昇をけん制したことを受けて、徐々に落ち着きを取り戻して、午後にかけては0.51─0.50%を中心に推移しました。トムネ・スポネ取引は0.55%付近で推移しました。日銀が午後に実施した共通担保資金供給(本店)オペ(4月30日─5月29日)金利は0.580%と25日の同オペ(4月28日─5月19日)の0.590%から小幅低下しました。レポGC金利が強含みです。2日スタートの翌日物(期日5月7日)は出し手が慎重になる中、0.67%付近で少額の出合いを付けました。ユーロ円3カ月金利先物市場は前週末に急落した反動から買い戻しが先行する場面がありましたがロングポジションを解消する動きが残っているとして続落しました。
株式短信 
2008.04.28.Mon / 08:02 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米株式市場は全般的に上値重い動き 
2008.04.26.Sat / 09:35 
<米株式市場>
全般的に上値重い動きとなったものの、最近底堅い動きを示している金融関連や、商品関連の上昇が目立ち、引けにかけては上昇しました。マイクロソフトの決算内容は予想を下回り、同社の株価は下落しました。信用市場の最悪期は脱したとの見方が出ており、今後の経済指標にも注目です。S&P500 6月限は1400をうかがう動きとなりました。NYダウは12,891.86ドル、プラス42.91です。


<米為替市場>
ミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回ったことからドル売り優勢で始まりましたが、ドル/円は104円レベルではサポートされるなどドルは底堅い動きとなりました。現在は104.45付近となっています。ユーロ/ドルは小反発するも依然として上値は重く、1.56を挟んでの推移となっています。また、FRBは利下げをストップするとの見方もあり、このスタンスの変化がユーロ/ドルの圧迫要因となっているようです。来週はFOMCも控えており重要な週になりそうです。
ユーロ円3カ月金利先物は大幅安 
2008.04.25.Fri / 20:28 
<国内株式市場>
日経平均 13863.47円(322.60円高)

      13614.53円─13886.37円 出来高 18億4510万株


 国内株式市場は、日経平均が大幅反発です。前日の米株高や円安を好感して、寄り付きから買いが先行しました。午後は上昇幅が一段と拡大し、1万3800円台で大引けしました。市場では、年金や海外勢の現物買いが入ったとの観測があったほか、これまでの債券ロング・株ショートのポジションが反転しているとの指摘も出ました。株価が大きく上昇し、短期筋が買い戻しを急いだというかんじです。東証1部の売買代金は2兆4481億円と2兆円を超え、業種別では、保険や銀行、鉄鋼、証券などが堅調だでした。鉱業や海運はさえない展開でした。


<外国為替市場>          17時時点
ドル/円 104.60/65円   ユーロ/ドル 1.5590/95ドル

 ユーロ/円 163.18/23円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点からドル高が進み、104円半ばと2カ月ぶりドル高水準へ上昇して取引されています。予想を上回る米経済指標を受けてドルが買われた海外市場の流れを引き継ぎ、ドルは東京市場でもしっかりした展開です。午後5時過ぎの取引で一時104.82円まで上昇しました。ユーロ/ドルは1.5555ドルと4月前半以来の安値をつけ、主要6通貨に対するドルの値動きを示すドル指数.DXYは73.030と1カ月ぶり水準へ上昇しました。


<短期金融市場>          18時5分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.504%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.580%(+0.005) 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    98.905(─0.145)

             安値─高値     98.875─99.025


 ユーロ円3カ月金利先物は大幅安です。CPIの結果も売りを後押しし中心限月12月限は17.5bp低い98.875まで下落(金利は上昇)し、中心限月ベースで前年7月以来の安値をつけました。その後は買い戻しも入り、現在は98.930まで値を戻しています。金先同様にOIS市場もオーバーシュート気味な金利の上昇を見せ、利下げの織り込みは消滅し、年内の利上げの可能性を一時は8割程度まで織り込む動きとなりました。無担保コール翌日物は0.50%付近を中心に安定して推移しました。午後終盤には一部で調達水準を0.49%付近まで下げる動きがみられましたが、大手邦銀が0.50%でビッドを維持するなど全般的にレートは小じっかりしていました。レポ市場では月末を意識してGCレートが上昇し、一部では0.6%後半まで強含んでいます。債券市場での金利急上昇を見て警戒感が高まり、資金供給オペへの需要も強まりました。約3週間のタームで資金供給をした共通担保資金供給オペの落札利回りは0.590%と、前回までの0.570%から上昇しました。
株式市場展望 
2008.04.25.Fri / 08:27 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
アルフラックなどの保険関連は好決算 
2008.04.25.Fri / 07:38 
<米株式市場>
メリルの配当額は前回と変わらずで、アルフラックなどの保険関連の好決算などもはやされ、米株式市場は総じて上昇。一方スターバックの決算は予想を下回り10%もの急落。新規失業保険申請件数の減少、耐久財受注高が好調だったことがサポートとなりました。S&P500 6月限は1390台を探る動きとなり、目先1400の大台乗せとなるかどうか、注目されています。NYダウは12,848.95ドル、プラス85.73です。


<米為替市場>
新築住宅販売件数が予想を下回り圧迫要因となったものの、耐久財受注や新規失業保険申請件数が好感されドルは続伸となりました。また、NYダウが堅調に推移したこともありドル/円は104円半ばまで上昇し、現在も104.40と高値圏に張り付いています。ユーロは対ドルで1.5640付近まで下落するなど総じて軟調な動きとなりました。現在は1.5680と小反発となっています。ユーロ高に対する懸念の声もあることから地合いは弱まっているようです。
 無担保コール翌日物は、おおむね誘導目標に沿って推移 
2008.04.24.Thu / 18:42 
<国内株式市場>
日経平均 13540.87円(38.29円安)

      13497.16円─13654.78円 出来高 15億7867万株


 国内株式市場は、日経平均が反落しました。午前は前引けにかけてプラス圏に浮上しましたが、後場は決算を前に手控えムードが一層強まる中、短期筋の売買中心で方向感のなさが際立ちました。少ない参加者の動きで振れ、マイナス圏に沈んだ形でした。東証1部の売買代金は1兆9395億円と低調で、閑散とした相場を印象付けました。銀行株が後場、下げに転じ、けん引役が見当たらなかったことも、市場のムードを押し下げました。その他の業種別では、石油・石炭や鉄鋼、非鉄金属の下落が目立ちました。海運や金属製品、建設などは上昇しました。東証1部騰落数は値上がり518銘柄に対し、値下がりは1068銘柄。変わらずは128銘柄だでした。


<外国為替市場>           17時時点
ドル/円 103.67/72円   ユーロ/ドル 1.5838/43ドル

 ユーロ/円 164.28/32円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅上昇し103円半ばで取引されています。前日海外でドルが底堅く推移した流れを引き継ぎ、東京市場もドルは全般にしっかりです。中国株などアジア株の上昇が円の弱含みにつながったことも、ドル/円を下支えしたというかんじです。


<短期金融市場>           17時05分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.503%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り     ―― 

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.065(─0.025)

             安値─高値     99.040─99.125


 無担保コール翌日物は、おおむね誘導目標に沿って推移しました。準備預金の積み需要が支えし、税揚げによる資金不足は金利上昇要因になりませんでした。日銀は4日以来約3週間ぶりとなる即日吸収オペに踏み切りました。オペ金利は按分と平均の差が開いたうえ応札額が膨らまず、大型連休を前にした運用手控えムードを鮮明にしました。ユーロ円金利先物は朝高後、債券相場の下落につられ売られました。
株式市場解析 
2008.04.24.Thu / 08:34 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
ドル/円は103円後半まで回復 
2008.04.24.Thu / 07:49 
<米株式市場>
EMCやボーイングなどの国際企業の好決算がはやされ、米株式市場は総じて堅調に推移しました。世界景気の持続により、米景気後退も一時的との見方や、今後のM&Aの動きも活発化しそうとの見方がサポートとなりました。S&P500 6月限は1380をはさんでまちまちに推移しました。NYダウは12,763.22ドル、プラス42.99です。


<米為替市場>
米景気後退が世界経済の成長に影響を与えるなどと、再度G7の声明内容について言及されたことからドル買いが優勢となりました。また、NYダウも比較的落ち着いて推移したことからクロス円は上昇、ドル/円は103円後半まで回復し、現在も103.50付近で底堅く推移しています。ユーロ/ドルは1.59を割り込み、現在も1.5885付近で軟調に推移しています。明日は住宅関連指標の発表があり注目です。
ユーロ円3カ月金利先物が売られる 
2008.04.23.Wed / 18:59 
<国内株式市場>
日経平均 13579.16円(31.34円高)

      13449.04円─13717.05円 出来高 17億0157万株


 国内株式市場で日経平均は反発です。朝方は前日の米株下落などを受けて続落で始まりましたが、下値が固いとの見方から仕掛け的な買いが入り上昇に転じました。後場寄りは上げ幅が拡大しました。前場引け前ごろから年金など公的資金が買いを入れたとの観測がありましたが、1万3700円台に乗せたところでは直近高値への警戒感が出たほか、24日から本格化する国内企業決算を控え、大引けにかけて急速に上値が重くなりました。業種別では、石油・石炭が堅調。保険や自動車、証券は軟調でした。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 103.02/05円   ユーロ/ドル 1.5972/77ドル

 ユーロ/円 164.58/61円

午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅ドル高の103円前半で取引されています。東京市場では、前日海外の取引で最高値を更新したユーロが利益確定の売りに反落。ユーロ/円も4カ月ぶり165円乗せを前に上げ一服となりました。一方で消費者物価指数(CPI)が予想を上回った豪ドルが対米ドルで24年ぶり高値を更新しました。


<短期金融市場>         17時45分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.503%

 3カ月物FB(政府短期証券)512回債

               流通利回り     ――  (出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.095(─0.030)

             安値─高値     99.080─99.135


 ユーロ円3カ月金利先物が売られ、中心限月12月限は一時前日清算値より4.5ティック低い99.080まで下落しました。中心限月ベースで2007年10月22日以来、ほぼ6カ月ぶりの安値を更新する場面がありました。海外ファンドによるポジション整理が続いているとの指摘がありました。無担保コール翌日物金利は、国内銀行の調達需要などを支えに小じっかりで推移しました。財務省が実施した3カ月物政府短期証券(513回債、7月28日償還)の入札では、大型連休越えの資金調達コストが意識され、最高落札利回りが3週ぶりの高さでした。
マーケット解析 
2008.04.23.Wed / 08:18 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
米株式市場は総じて続落 
2008.04.23.Wed / 07:32 
<米株式市場>
原油価格が120ドルに迫る勢いとなり、テキサスインスツルメント、コーチやユナイテッドヘルスケアなどの決算内容が予想を下回ったことで、米株式市場は総じて続落しました。米中古住宅販売が低調だったことも圧迫要因となりました。S&P500 6月限は1380をはさんで軟調に推移しました。NYダウは12,720.23ドル、マイナス104.79です。


<米為替市場>
インフレ圧力を背景にECBによる利上げ観測が台頭したことで、ユーロが対ドルで1.60乗せに成功し、一時1.6019の史上高値を付けるなど堅調に推移しました。現在も1.60付近と高値圏を推移しています。一方ドル/円は、ドル安に加えNYダウが下落したことから軟調に推移し103円を割り込みました。現在も上値は重く、103円を挟んでの推移となっています。ドルの見通しは明るくなっているものの、政策金利スタンスの違いがユーロの地合いを強くしているようです。
ユーロ円3カ月金利先物は中心限月が売られる 
2008.04.22.Tue / 18:50 
<国内株式市場>
日経平均 13547.82円(148.73円安)

      13519.12円─13608.17円 出来高 15億7842万株


 国内株式市場で日経平均は6日ぶりに反落して大引けしました。前日までの5日続伸で800円近く上昇したこともあり、いったんは利食い売りが出る展開となりました。後場に入り、一時、1万3500円の下値をトライする動きが出たものの、跳ね返されました。一方で、今晩の3月米中古住宅販売発表や週後半からの国内企業決算の本格化を控えて様子見姿勢が強く、終日マイナス圏での動きとなりました。東証一部の売買代金は1兆9181億円と再び2兆円を割り込みました。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 103.14/19円   ユーロ/ドル 1.5879/84ドル

 ユーロ/円 163.73/85円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から円高が進み103円付近で取引されています。前日の米株安を受けてアジア株が軟調推移となったことから、円は底堅い動きとなりました。ユーロ債でまとまった償還があるとの観測もユーロ/円の押し下げにつながりました。


<短期金融市場>         18時5分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.502%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.575%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.115(─0.030)

             安値─高値     99.110─99.165


 無担保コール翌日物金利は誘導目標に沿った展開でした。大手行などの資金調達需要が支えたようです。日銀は即日実施のオペを見送り、やや緩め感のある調節姿勢を維持しました。大型連休を控えた運用手控えムードが残り、日銀が本店方式で実施した資金供給オペ金利は高止まりしました。現金担保付き債券貸借(レポ)金利は下げ渋りました。債券相場が軟調になったことでユーロ円3カ月金利先物は中心限月が売られました。
マーケット・データ 
2008.04.22.Tue / 08:37 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
バンカメの第1四半期の収益が予想を下回る 
2008.04.22.Tue / 07:49 
<米株式市場>
先週は一連の金融関連のマイナス決算内容への反応も鈍く、マーケットは大きく上昇したものの、今週の一連の決算についても楽観視は出来ず、本日はバンカメの第1四半期の収益が予想を下回ったことを受けて、総じて軟調な動きとなりました。最悪を脱したとの見方がある反面、決算報告はまだ続きます。S&P500 6月限は比較的小動きで1390を割込みました。NYダウは12,825.02ドル、マイナス24.34です。


<米為替市場>
経済指標の発表がない中、NYダウが軟調に推移したことからドル円は小幅ながらじり安となりました。103円レベルではサポートされており、現在は103.20となっています。一方、インフレ圧力を背景にユーロドルは史上高値に迫るなど堅調に推移し、現在も1.5925と高値圏での推移となっています。原油の高騰もユーロのサポートとなっているようです。 
ユーロ円3カ月金利先物は売り優勢 
2008.04.21.Mon / 18:11 
<国内株式市場>
日経平均 13696.55円(220.10円高)

      13639.77円─13739.44円 出来高 18億6146万株


 国内株式市場で日経平均は5日続伸です。5日続伸は2007年6月28日から7月5日(6日続伸)以来、約9カ月ぶりです。前週末の米企業決算を好感して朝方から買いが先行し、これまでカベとなっていた1万3500円を超えました。1万3500円を超えたのは2月29日以来のことです。東証一部の売買代金は2兆3446億円と2兆円台を回復し、実需の投資家が徐々にではあるが戻ってきているとの観測が出ています。ただ、1万4000円を狙うにはまだエネルギー不足だという感があるようです。


<外国為替市場>           15時時点
ドル/円 103.81/86円   ユーロ/ドル 1.5830/35ドル

 ユーロ/円 164.29/40円


 午後3時のドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から円安が進み103円後半で取引されています。前週末海外市場で株高を背景に円が下落し、一時1カ月半ぶりの安値まで円が売られた流れを引き継ぎました。しかし前週末の値動きが大幅だったため、週明け東京市場では利益確定の動きも目立ち売買は交錯し、値動きは鈍りました。

 
<短期金融市場>          15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート)  0.505%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.575%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)    99.150(─0.030)

             安値─高値     99.145─99.185


 無担保コール翌日物金利は誘導目標に沿った展開です。やや緩め感のある調節姿勢が安定推移を促しました。大型連休を控えた運用手控えムードにより、現金担保付き債券貸借(レポ)での取引金利は高止まりしました。コール市場では期間2週間のターム物でやや高めの運用希望が示され、ユーロ円3カ月金利先物は売り優勢でした。
シティグループは予想を上回る決算報告 
2008.04.20.Sun / 14:57 
<米株式市場>
シティグループの予想を上回る決算報告などがはやされ、米株式市場は総じて急伸。グーグルは20%近い急伸となり、ハニーウェル、ゼロックスの決算も好感され、NYダウは200ポイント以上もの上昇となりました。最悪の事態を脱したとの見方も出ているものの、来週以降の決算内容についても引続き注目です。S&P500 6月限は1390台まで値を伸ばしました。NYダウは12,849.36ドル、プラス228.87です。


<米為替市場>
朝方発表されたシティの決算を受け、信用市場の最悪の事態は過ぎたとの見方からドルが急伸しました。またNYダウが急上昇したことでドル/円は104円半ばまで上値を伸ばし、現在は利益確定により103.70付近まで戻しています。ユーロ/ドルは一時1.57前半まで下落しましたが、原油の反発を背景に1.5810付近まで回復しています。G7の声明やユーロ圏の要人による牽制発言もドルのサポートとなっているようです。
マーケット・ライブラリー 
2008.04.18.Fri / 08:27 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
ファイザー社、モトローラなどは予想を下回る決算報告 
2008.04.18.Fri / 07:48 
<米株式市場>
ファイザー社、モトローラなどの予想を下回る決算報告や、弱気のフィラデルフィア連銀指数が大きく低下したことなどより、米株式市場は総じて軟調に推移したものの、大幅損失を発表したメリルリンチは逆に反発するなど、引けにかけては変わらず付近まで戻しました。S&P500 6月限は1360台後半を推移。グーグルの決算内容は事前予想を上回り、引け後には上昇に転じています。NYダウは12,620.49ドル、プラス1.22です。

 
<米為替市場>
フィラデルフィア連銀指数が悪い結果となったことで朝方はドル売りが先行しましたが、本日も要人発言が相次ぎ、特にG7での声明を再確認するように市場介入の可能性について示唆されたことからドルが反発、底堅く推移しました。ドル/円は102円ではサポートされ現在は102.65付近で堅調に推移しています。欧州時間で史上高値を更新したユーロ/ドルはその後失速し、現在は1.5880での推移となっています。ドルの更なる大幅利下げ観測は後退しているようです。
ユーロ円金先は軟調地合いが継続 
2008.04.17.Thu / 20:42 
<国内株式市場>
日経平均 13398.30円(252.17円高)

      13313.06円─13495.94円 出来高 18億6331万株


 国内株式市場で日経平均は3日続伸です。一時300円を超える上昇となりました。JPモルガン・チェースやIBMなどの米企業決算を好感して市場の不安心理が後退し、金融株や輸出株を中心に買い戻しが先行しました。ただ、午後は17日のメリルリンチの決算発表などを前に短期筋が利益確定売りを出し、上げ幅を縮小させました。商いは2兆3500億円と今週前半に比べてやや膨らんだが、活況と言われる3兆円には遠いレベルでした。


<外国為替市場>        17時時点
ドル/円 101.77/82円   ユーロ/ドル 1.5970/75ドル

 ユーロ/円 162.51/60円

    

 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅高の102円挟みの値動きが続いています。材料が乏しいほか102円前半に売りが並んでいるため、上値は限定的と見られているようです。夕方にかけての取引で、ユーロ/ドルは一時1.5977ドルに上昇、最高値1.5980ルに接近しました。短期筋による利食い中心の取引が続き、足元では方向感が乏しい値動きとなっています。


<短期金融市場>       17時35分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.503%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ──   (出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年9月限)     99.190(─0.020)

             安値─高値     99.185─99.200


 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.503%と積み需要で0.50%のビッドがしっかりと入り、午後終盤にかけてもレートが同水準を大きく下回ることはありませんでした。ユーロ円金先は軟調地合いが継続しました。米大手金融機関の決算に対する悲観的な見方が修正されたこと、信用不安が後退したこと、日銀の利下げ観測もはく落したことで、海外勢を中心としたポジション解消の動きが一段と強まりました。中心限月08年9月限は一時前日清算値に比べて2.5ティック安の99.185と07年12月以来4カ月ぶりの安値を付けました。日銀の利下げの可能性をより織り込んでいた期先はさらに下げ幅が大きく、4─7ティック程度の下げを見せました。 
株式諜報 
2008.04.17.Thu / 08:39 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
インテルなどの決算内容が予想を上回る 
2008.04.17.Thu / 07:48 
<米株式市場>
インテルなどの決算内容が予想を上回ったことなどがはやされ、米株式市場は総じて急上昇となりました。米消費者物価指数は予想通り、鉱工業生産高は予想を上回ったこともサポートとなりました。JPモルガンチェースも50%の減収となったものの、予想ほど悪くなかったことより、金融関連の上昇も目立ちました。S&P500 6月限は急伸し、1360台を探る動きとなりました。NYダウは12,619.27ドル、プラス256.80です。


<米為替市場>
ユーロ圏の消費者物価指数が事前予想を上回ったことからECBの利下げ観測が後退し、ユーロは対ドルで史上高値を更新するなど堅調に推移しました。また、原油が史上高値を更新したこともユーロのサポート要因になったようです。ユーロ/ドルは現在も1.5960と高値圏で推移しています。ドル/円はユーロ/ドルの上昇を受け序盤は軟調に推移したものの、NYダウの大幅上昇に追随する形で反発し、現在も101.70付近で底堅く推移しています。
ユーロ円金先は軟調に推移 
2008.04.16.Wed / 18:55 
<国内株式市場>
日経平均 13146.13円(155.55円高)

      13112.07円─13222.43円 出来高 17億9375万株

 

 国内株式市場で日経平均は続伸です。一時、前日比200円を超える上昇となり3営業日ぶりに終値で1万3000円台を回復しました。米株高や米半導体大手インテルの決算を好感し朝方から買いが優勢となりました。米地銀の四半期決算が予想を上回ったことで信用収縮懸念が後退し銀行や不動産も高かったが、引き続き実需筋は様子見姿勢を崩しておらず商いの盛り上がりには乏しかったようです。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 101.54/59円   ユーロ/ドル 1.5839/44ドル

 ユーロ/円 160.80/88円

午後5時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅円高の101円半ばで取引されています。序盤はアジア株の上昇見込みから短期筋が買いを先行させましたが、上値では輸出企業や米系ファンドのドル売り押されて伸び悩みました。きょうこれから発表される欧米の経済指標を見極めたいとの参加者が多く、現時点では方向感が乏しいようです。一方、ユーロ/ドルは東欧筋の買いや欧州連合(EU)基準の消費者物価指数の上昇などを手ががりに上伸し、ユーロ/円も連れ高となっています。


<短期金融市場>         18時15分時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.503%

 3カ月物FB(政府短期証券)510回債

               流通利回り   0.575%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年9月限)     99.210(─0.020)

             安値─高値     99.205─99.225


 無担保コール翌日物の加重平均レートは0.503%となりました。準備預金の積み初日を迎えレートに上昇圧力がかかることはありませんでしたが、0.5%を大きく割り込んで低下することもなかったようです。海外勢はユーロ円市場の金利が落ち着いていることからコール市場で急いで円を調達する必要がなくなっており、一部では資金の運用に回るなどポジションに余裕ができています。一方で5月の連休が近づきターム物への需要は強く、運用側が出しに慎重になっていることもありレートが下げ渋りました。財務省が実施した3カ月物FBの最高落札利回りは前回からほぼ横ばいの0.5761%で、無難な結果となりました。ユーロ円金先は軟調に推移し、中心限月9月限は約4カ月ぶりの安値圏まで下落しました。株高/債券安が重しとなったほか、利下げ観測の後退や海外勢のポジション解消の売りが金先の上値を圧迫しています。
マーケット情報局 
2008.04.16.Wed / 08:34 
(←騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています。“D”の故郷の写真…ではなく“D”の故郷をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような…)
(↑↑我々の本拠の写真…ではなく“D”の故郷の「住処」をイメージした絵だそうです。何度か行った事あるような、無いような…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、
世界情勢 デリバティブ取引 報道規制 国際情勢分析 エネルギー情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑Pandora's Box)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
は、市場解析の勉強になります。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に「メディアの明日 - 3」(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

もちろん、メディアを取り巻く技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神とサイバー戦士( http://by3h.blog111.fc2.com/ )
(↑↑「コンピュータの神」の使徒たちが運営)
も注目。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
世界情勢真相 (Pandora's Box)(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)

が、頻繁に掲載しています。
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

“D”の顔写真…ではなく「“D”の顔をイメージした絵」だそうです。部外者がいなくなったときのDの顔にあまりに似ている!
(↑↑“D”の顔写真…ではなく“D”の顔をイメージした絵だそうです。でも普通に、部外者がいなくなった時のDの素顔ですけど?我々だけに見せる素顔ながら、あまりに見慣れた顔なので特に恐怖などはなく、むしろ愛玩動物的感覚です…騎士たちのデジャ・ヴのHP版から、許可を得て転載しています)

それから、世界情勢 デリバティブ 世界の天候 移民問題 国際情勢真相 世界情勢解説 ( http://www.dejavu-dd.com/ )
も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
NY連銀指数は予想外の上昇 
2008.04.16.Wed / 07:41 
<米株式市場>
NY連銀指数の予想外の上昇、原油価格の高値更新がサポートとなり、米株式市場は中頃にかけては軟調な動きを見せるも、後半にかけては堅調に推移しました。S&P500 6月限は前日同様に比較的落着いた動きとなり、1330台後半での取引となりました。NYダウは12,362.47ドル、プラス60.41です。


<米為替市場>
本日発表された生産者物価指数やNY連銀製造業景気指数が事前予想を上回ったことから、次回の会合での0.50%の利下げ観測が弱まりドルは堅調に推移しました。ユーロ/ドルは一時1.57半ばまで下げるなど1.58を割り込み、現在も1.5775付近で軟調に推移しました。ドル買いを受けドル/円は101円台をしっかりとキープし、現在も101.60と102円を目指す動きとなっています。ドルの悲観的な見方が後退しているものの、ユーロのファンダメンタルも依然として強く、ユーロ/ドルは大きく下げないとの見方もあるようです。
日経平均株価は反発 
2008.04.15.Tue / 20:09 
<国内株式市場>
日経平均 12990.58円(73.07円高)

      12875.92円─13052.82円 出来高 16億6703万株


 国内株式市場で日経平均は反発です。米株や為替の落ち着きを好感し鉄鋼や不動産、証券などに買い戻しが入りましたが、今晩の米インテルの決算や3月米卸売物価指数(PPI)発表を控えて全般は様子見気分が強かったようです。東証1部売買代金も連日の2兆円割れと薄商いが続いており、売買は短期筋が中心で方向感に乏しい展開となっています。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 100.90/95円   ユーロ/ドル 1.5855/60ドル

 ユーロ/円 160.04/07円

午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から下落し、100円後半で取引されています。ドルは上値を目指しにくく、売りの材料待ちの展開が続いているようです。夕方にかけての取引でも、海外勢を中心としたドル売りが膨らんでいます。下値のターゲットは、直近安値の100円付近。対照的にユーロは堅調で、ユーロ/ドルの1.6ドル乗せは遠くないとの見方も出ていました。しかし、欧州市場で、予想を大きく下回る独ZEW指数を受け急落しました。一方、チェココルナはユーロ導入時期をめぐる議論から、対ユーロでは高値圏で推移しています。


<短期金融市場>         18時時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.522%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り     ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年9月限)  99.230(─0.005)

             安値─高値   99.225─99.240


 準備預金の積み最終日を迎えた15日の短期金融市場で、無担保コール翌日物金利が上昇しました。積み最終要因に加え、現金担保付き債券貸借(レポ)取引でGC金利が強含んだことも影響しました。短期国債市場で主に証券会社など業者の在庫荷もたれ感が強まっており、レポ市場での資金調達需要の高まりが浮き彫りとなりました。財務省が実施した1年物割引短期国債(434回債、2009年4月20日償還)の落札利回りは前回債より上昇し、市場の日銀利下げ観測が後退していることを反映したようです。

証券ディーラー

月の騎士

Author:月の騎士
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 月の騎士 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。